[読書メーター] 2013年2月に読んだ本 [まとめ]

今更かよなんですが、昔とちがって、毎日 blogをしたためてネタを考えていたら、定期的に書いてた読書メーターのことをすっかり忘れていました。うっかりさん。

涼しげ
涼しげ

どうでもいいけど、暑いですね。都内は 20度を余裕で超えたらしいです。まだ夏服のクリーニング出してないんだから、そーゆーの勘弁してください。
それから、花粉も飛び回っていて( >д<)、;'.・ ィクシッ ところで、夏にこそ冷え症の対策をしておかないと、冬にひどい目にあう、という話を聞いているのですが、夏場は何を飲むのがいいんでしょう。常温の水をもって歩くのがいいのかな...。冷たいのはダメだとは聞いたんですけどね。 さて、2月に読んだ本です。マンガ、ビジネス書、ファッション雑誌に音楽雑誌、そして小説と多岐にわたってます。良い傾向です。3月は残念な本が入ってきているので、放置しておきたいところですが、そろそろ論文を書かないといけないので、また読書三昧になる可能性があるます。休み欲しいですね。江ノ島とかまた行きたいです。しらす丼食べてないので、食べたいです。うん。

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1938ページ
ナイス数:24ナイス

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)感想
江戸川乱歩が好きでこの話の内容をみていました。乱歩は絡んだままで、うまく話の側面でオチをつけたと理解します。ただ、多少の置いてけぼり感や、話の流れには戸惑うこともありそうです。流れとしては仕方ないかもしれませんが、母親を出したり、ヒトリ書店とある種和解してたり。大輔と栞子は先に進みそうですが、今回の話の流れは動きすぎて、先がよくわかりません。俺が酔っ払ってる所為としたいです。
読了日:2月27日 著者:三上延
まりあ†ほりっく 11 (アライブコミックス)まりあ†ほりっく 11 (アライブコミックス)感想
これはあれか、ネタ切れか。
読了日:2月26日 著者:遠藤 海成
図解する思考法 基礎編図解する思考法 基礎編感想
アーキテクトに大事な要素であるモデリングでは、どのように表現するかが重要。最近、図解できていなかったのでリマインドのために購入。「基礎編」の言葉を見ずに購入したのはちょっと失敗だった。基礎すぎた。図解が苦手というよりも、物事の理解が苦手な人、人へ説明するのが苦手な人に読んでもらいたいです。安いし。さっさと読めます。個人的に2つ考え方の違う点が。私の場合 1)手書きでの資料は消しゴムでは消さずに、失敗したものも残しておく 2)図解は美的センスではなくデザイン工学に則ること。デザインとアートは異なる学問。
読了日:2月25日 著者:西村 克己
non・no(ノンノ) 2013年 04月号 [雑誌]non・no(ノンノ) 2013年 04月号 [雑誌]感想
Perfume目当てだけど、今度の春物もついでにチェック。Perfumeは探偵服でインタビュー。かしゆかが二次元入りたいとか言っててアレw インタビュー内容は毎度。探偵服がたくさん見られていいね。 佐々木希はスーツのがカワイイ。春物はライトブルー・ライトグリーン・花柄推しみたいだけど、ライトグリーンは合わせるの難しそう。花柄のパンツは、誰がはいても男子視点からはないわ。なんか「もんぺ」思い出した。感想がおっさん過ぎてあれ。ミリタリーとゆるニットはカワイイかな。おれもゆるニット欲しい。男子向けのないかな。
読了日:2月23日 著者:
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)感想
物書きを目指してるんじゃないかというレベルで、文章を書く機会が増えてきている今日この頃です。この書籍は、チェックリスト代わりになるだろうと Kindleで「安い」し、購入。 文章術の本をいくらか読んだ後に、この本をチェックリストとして使える人にお勧めです。目次をベースに、自分の弱い部分のチェックリストにするのが吉。とは言え、中身には、対策と例文があって、見返すには価格以上の価値はあります。レポート、論文、報告書など特化した分野が必要な方には、他の技術書もあわせてどうぞ。
読了日:2月17日 著者:山口 拓朗
あたらしい書斎あたらしい書斎感想
ずっと、自分の書斎に良い形ができなかったので、その参考として。著書では、アナログ(実際の部屋)+デジタル+ノマドの視点で、現代の書斎のあるべき姿はどのようなものか、を考察され、実際に著者自ら書斎を作られた方です。部屋の方針を考えるには、始めの1畳で作る書斎が参考になります。以後は、L字型の机への愛着感が半端なく、L字は避けたいと言う方には向かないと感じました。数人、某αブロガーの書斎も載っていたり、実際の部屋が公開されている部分は参考になる部分があるかもしれません。ただ、デジタルとノマド部分は蛇足かな。
読了日:2月11日 著者:いしたにまさき
SWITCH Vol.31 No.2 特集:テクノロジー+カルチャーネ申ラボ1ooSWITCH Vol.31 No.2 特集:テクノロジー+カルチャーネ申ラボ1oo感想
勿論、Perfume目的での購入ですが、今回はチームPerfume特集って感じで。ホントに良いチームなんだってコトが、紙面から伺えること、信頼感が伝わってきますね。 あ〜ちゃんが、Aa-chan なのが気になるのと、のっちが高専のロボコン特集に萌えててくれたトコで、元高専生として嬉しかったかな。ゆかはいつも通り、ゆかゆかしてて安心した。
読了日:2月11日 著者:
Kiss×sis(11) (KCデラックス)Kiss×sis(11) (KCデラックス)感想
話が進んでびっくりしたけど、どこに向かっているのか分からない
読了日:2月8日 著者:ぢたま 某
レポートの組み立て方 (ちくま学芸文庫)レポートの組み立て方 (ちくま学芸文庫)感想
文章を書くのが苦手なのはアーキテクトとして致命的と指摘されて、論理的思考と文章術の本を買いあさったときに買ったものです。 古い本ですが、根本的な文章構成術に変化はないでしょうし、評価も高かったので、こちらにしました。 この本では事前の調査にも言及されていて、ジョブズのプレゼンと同じプロセスを踏んでるのが興味深いです。 レポートを書くプロセスと、レポートの概要から詳細へ落としていく流れになっており、この書籍自体がこの組立て方に沿っていて参考になります。 最後の原稿用紙での書き方は時代にそぐわないのは愛嬌。
読了日:2月7日 著者:木下 是雄
Gえでぃしょん 2 (ジャンプコミックス)Gえでぃしょん 2 (ジャンプコミックス)感想
これまたまさかの2巻で終了とか。桃栗みかん先生は、いちご100%以外は短命だねぇ…。しかもオチなしと来たわ。いちごが終わってからは完全に迷走状態が続いてるね。 ところで、ジャンプって乳首出していいんだっけ。乳と尻とパンツ要員なのはわかるけど、それにしても短命すぎる。次は期待してるよ、先生。
読了日:2月4日 著者:河下 水希
すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術感想
まとめるためのフレームワーク集です。 要約が苦手だったのと、よく見かけるフレームワークとは似て非なるものだったので、独自性を感じて購入。本の読み方(キラーリーディング)の部分は、積ん読されているだけで読まずに捨て去りそうな本に使えそうです。速読法としては、スピリチュアルな部分がなかったのと、某フォ(ryリーディングなど鍛錬が必要なものとは違い、使いやすそうです。ただ、根本は同じなですけど、必要最小限にさっ引いているところに好感が持てました。
読了日:2月2日 著者:高橋 政史

読書メーター