[Gamification] ゲーミフィケーションでプロジェクトを改善するには? (5/5) [デスマーチ]

5. まとめ

ここまで、プロジェクト運営における課題を改善できないか、ゲーミフィケーションを用いて仮設を立てて考えてみました。現実的な課題とあわせて一緒に考えることで、よりゲーミフィケーションの考え方が理解できたのではないでしょうか。
ゲーミフィケーションの考え方は古くからあるものですが、最近になって体系化されつつある、発展途上の方法論でもあります。根底にあるのは、利用者に楽しんでもらおう、という「おもてなしの心」です。使用するツールもアプリケーションも、実際の利用者は人間です。人と人との関わりをもって関係をしていくためには、相手を思いやる気持ちが必要不可欠です。

そして、そのおもてなしの心は、人と人との交流をへて、相手の心理的な報酬へと繋がります。
報酬とは金銭的なものばかりではなく、もてなしたことで得ることのできる精神的な報酬のモチベーションが重要です。人を動かすためには、お金も重要ですが、行動すると良い結果に繋がる、精神的な報酬がそこに生まれることが必要です。そのためには、相手を思いやる気持ちをもって、課題の解決につなげていくことです。
課題を解決するための「報酬」と「交流」、根底にある考え方は「おもてなしの心」であることがゲーミフィケーションの重要な考え方となります。

  • プロジェクトは「人」により失敗する
  • プロジェクトは「可視化」されない
  • プロジェクト運営を改善するには「可視化」と「正しい情報の連携」が必要
  • プロジェクトを「楽しく」運営するにはゲーミフィケーションが必要不可欠
  • ゲームを楽しくする「やりがい」を得るには 6つのプロセスが必要
    1. 欲望
    2. インセンティブ
    3. チャレンジ
    4. 達成/報酬
    5. フィードバック
    6. 習得
  • 「ゲーミフィケーション」では課題、報酬、交流のサイクルを繰り返す
  • 「ゲーミフィケーション」の実現に「ゲームニクス」理論に支えられた「おもてなしの心」が重要
  • 「ゲーミフィケーション」でプロジェクト運営ツールのユーザビリティ改善と、プロジェクトの可視化をサポートすれば、きっとうまくいく

プロジェクト運営の改善だけではなく、どのようにして「楽しく」仕事をしていくか、ゲーミフィケーションの考えもとりいれて、日常に変化を求めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です