[読書メーター] 2014年3月に読んだ本 [まとめ]

「書いてなさ過ぎじゃね?」

と思われる、なぜか頻繁に当サイトをご覧になっている珍しい方がいらっしゃるかも知れませんが、これは戦略的撤退中なのです。
ただいま、サーバ廻りを全部再構成中で、おっそい状態のWEBサーバを見てもらうくらいなら、まともになってからイロイロと公開しよう、そうしようという、面倒なことを後回しにして、一切合切を何もやらないダメな人の発言のようですが、まさにそうです。

というか、ホントに仕事いそがしくて、どうにもこうにもならなんてイライラしてます。仕方ないから、水槽作り直したりしてるので、更に時間ないです。
しかし、サーバを作り直しているのもホントで、先月、12TBになる iSCSIストレージシステムとか作ってしまいました。ステキです。まだ、数MBしか使っていないのもステキです。

そのあたりも含めて、GW前後から公開できると良いなぁ、なんて。ふふ。

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:434ページ
ナイス数:7ナイス

(un)touch(un)touch感想
また痩せてみたから、いい調子で下着で撮影してみたよヽ(´ー`)ノ感満載過ぎるけれども、痩せすぎてちょっとアレ。もっと太って良いのよ。ホントに痩せすぎだろ、キャラちがいすぎ。写真集自体の完成度は高いけれども、深田恭子としてはこの路線じゃない。この路線でいくキャラじゃない。なので、もう少し太っていただいて。ぱつぱつな服着てる写真集に期待。いつも痩せてるときにばっかりというか、写真集のために痩せてるような流れのきが。それ、誰得なのかと小一時間以上問い詰めたい。関係ないけど、雰囲気が似てる娘が会社にいて俺得。
読了日:3月15日 著者:深田恭子
モダンC言語プログラミング 統合開発環境、デザインパターン、エクストリーム・プログラミング、テスト駆動開発、リファクタリング、継続的インテグレーションの活用モダンC言語プログラミング 統合開発環境、デザインパターン、エクストリーム・プログラミング、テスト駆動開発、リファクタリング、継続的インテグレーションの活用感想
会社の先輩が書いた本。Cでプログラミングなんて、今世紀にはいってから自分で書いた記憶がないんだけれども、chefやserverspec、IaC(Infrastructure as Code)の流れで、CIやデザインパターン、TDDなどを参考にしたく購入。Cは一番長くやってきた言語なので、理解しやすいというのも考慮ポイント。文書書きの師匠でもあって、内容は読みやすく分かりやすい。使い方やヒントが丁寧に書いてあるので、実践もやりやすいかと。長年のプログラミングの謎も解けて個人的に嬉しい。
読了日:3月12日 著者:花井志生

読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です