[ConoHa] VPS はじめてみた [GMO]

先日、GMOインターネット株式会社 のかわいこちゃんから、こんなにクーポンをたくさんいただいて「配り歩いてきやがれ」的な命令をいただいたので、というか、そんなことを言われる前に「わたしが全て配りきってきます」と丁重にいただいて参ったので、人に配るだけではアレだから、自分でも使ってみましょうということで、使ってみることにします。

外部にサーバほしかったのはほしかったのと、dns の secondery やら、なんやらもしかしてイロイロ使えるかとも思ったりしたりして。


ConoHa クーポン

と言うことで、まず登録だけはしておいてみようと考えました。VPS 追加しなければ、お金かからないぽいので。従量課金制万歳

登録してみよう

ぶっちゃけ、やり方は「ConoHaをはじめる – ConoHa」にしっかりと書いてあるので、この通り始めてみたいと思う。





ConoHa – 1分ではじめる、クラウドのようなVPS。ひと月930円から。


ConoHa – 1分ではじめる、
クラウドのようなVPS。
ひと月930円から。

まず、カーソルを合わせると、さりげなく ConoHa が出てくるボタンをクリックして進めてみることにします。


ConoHa の登録

なお、この時点で「メールアドレス」「パスワード」を入れておかねばならぬようです。なんてこった。


ConoHa:登録完了

一瞬で終わったわ(‘A`)なんてこった。

コンパネにログインしよう

info@conoha.jp」あたりから、こんなメールが届くので、実際にコンパネにログインしてみましょう。


メールの内容

このログイン画面を見る限り、facebookgoogle+ でもログインできそうな予感。


login

ログイン完了すると、こんな感じに。残りの 3ステップを実施しましょう。


4steps

アカウント情報を入力する

ということで、アカウント情報を入力します。こんな感じの入力項目があります。


Account Information

郵便番号入れたら、自動的に住所むにょってはいってきて感動した。

さて、アカウント情報を入力してみると、こんな感じで、また次のステップへ。なんか、ワーニングでてるみたいでこわい。


4steps

支払方法を選択する

支払い方法は、事前にチェックしていたとおり「クレジットカード」「ConoHa チャージ」のいずれか。後でも変更できるので、好きにしたら良い気がする。


Payments

なお、「ConoHa チャージ」とは

あらかじめご利用料金分をチャージ(ご入金)しておくことで、ご請求額をその中から決済できるお支払い方法です。

チャージ方法は、以下の中から選択できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行振込
  • コンビニエンスストア払い

※銀行振込、コンビニエンスストア払いでの手数料はお客様負担です。

ConoHaチャージを選択するときは、「今月のご利用予定金額」と「来月のご利用予定金額」を事前にチャージしてください。

なお、クレカを選択するとこんな感じ。


credit card

ということで、次で最後だな。ここで、おもむろに「ステップ中断」とかやってみたい衝動に駆られる。

電話番号で認証する

先ほど、アカウント情報に登録した「電話番号」あてに電話がかかってくるみたいです。dkdk します。


to authorize by phone

こんな感じのアニメーション流れるけれども、すぐに電話かかってこなくて、ちょっとやきもきした。10秒くらいかな。待ち時間。


ringing...

このはから電話かかってきたwww

お前らやり過ぎだろ。

ということで、「認証番号」を入れると…


finished

ということで、ConoHaクーポン ¥1,500 ゲットと共に、VPS が作れるようになったよヽ(´ー`)ノ

…あれ、VPS 作んなきゃダメ?

とか、取りあえずボタンクリックした後に、ダッシュボードがそのまま使えるので、いったん VPS使わずに、この辺でやめてみるよ( ´ー`)y-~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です