[スキマ] 電車内とランチタイムの過ごし方 [勉強]

Pocket

お風呂でBlog生活も3日目です。明日、書くかどうかで三日坊主かどうかわかりますね。

今日は、今までやったことのないことを二つやってみました。大した話じゃないんですが、わたしにとっては画期的なできごとでした。

一つ目、お昼休みに本を読む、です。今まで考えてもみませんでしたw
新年も明けて、気合を入れて英語やらねば!と言う気持ちにやっとなりました。半月も経って。ま、それはおいといて、その気になったので、電車の中で参考書を見ながら会社へ行くわけです。それが私のスタイルです。ナイススタイル。
でも、そうすると、あと少しで読み終わりそうなピンドラの中巻が、いつまでたっても読み終わらない事態になります。私の場合、普通の読書も、行き帰りの電車が基本なのです。また、乗車時間が片道で15分弱なので、生きと帰りで、英語の参考書と他の読書、としてしまうと一日ではあまり時間が取れません(´・ω・`)
私は普段、自席でお弁当を孤独に、一人、家におかれた猫のように、すみっこでご飯を食べています。あ、ロンリーならロンリーで、他にできることがあるんじゃね? と、そこで、気がつきました、そです、このタイミングで読めばいいんです、本を。
これで私は通勤時間帯の他に、昼休みにも読書をする時間を得たのです。

二つ目、また電車の話で恐縮ですが、普段とは別の経路の電車に乗って帰ってきました。

なぜか。

普段乗っている電車が暑いんです。釜焼きされてるんじゃないかっていうほどに。前向きに考えれば、サウナだと感じることにして、痩せる効果も期待できますが、服をきているし、汗をふくこともできないので、身体に悪影響しか与えません。今、調子が悪いのも、あの赤い悪魔の所為ではないかと考えるほどです。
ですから、できれば回避したい、でも会社から最寄駅の近さと、乗り換えの楽さ、最短時間での帰宅、とメリットの宝庫です。デメリットは熱いだけなのです。でも、それが原因で体を壊していたら意味がありません。今日の私は一味違いました。少し離れている駅まで歩いてやりました!ナイスウォーク!
結果的に汗もかかずに10分程度の遅れで家に到着です。駅まで少し離れていて、乗り換えの距離もだいぶ遠いのですが、それは、健康のためにその分を歩いている、という気にもなればメリットに転じます。これはいい判断だったかもしれません。

ですが、ちょうど半分頃で乗り換えになるため、乗車時間が微妙すぎるのと、絶妙に混んでいることで、読書向きじゃないかも…という感じで読書しながら帰ってきました。何とかなりそうです。しばらくは、この経路での帰宅を考慮してみます。ビバ、涼しい電車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください