[ノートカバー] Lezaface 買ってみた [コンサルタントの教え]

Pocket

レザフェス (Lezaface) なるものをアキバのとある有隣堂で買ってきました。

あるコンサルのマネージャから、こんなことを言われたことがあります。

  1. ノートはもって歩け。話をまとめて図示化して、その場でお客様に見せるために。
  2. ノートは高級そうなノートカバーに入れて持ち歩け。コンサルは見た目でなんぼのところがある。

自分の専門職は ITアーキテクトですが、駆け出しのコンサルタントでもあるので、見た目のきづかいが若干必要です。とは言え、本革のノートカバーとか、万単位で、単機能だったりして、ホントに見栄えだけなので使いようがないものがあります。
そこで、これまではなんとなく、同じくキングジムの「スキルアップのためのノートカバー」とかいうのを使ってました。
これはこれで、ペンホルダーがついていて、ノートも 2冊入れられますし、磁石で閉じてくれるので、ぱかぱか開くこともなく便利でした。見た目はチョットさえませんけどね。

ただ、ちょっと使い勝手の良くないトコがあったのです。。。

ペンホルダーがノートの外側についているため、カバンに入れているとペンへのダメージが半端ない

のです。お陰様で、ちょっと壊れてしまっていて、半泣きになりながら使っているのですが、これ以上のダメージはちょっと・・・。ということで、新しいものを年明けから探していました。
追加要求事項はこんな感じです。

  1. ペンホルダーがカバーの内側にあること
  2. 合皮でもいいから、革製でもう少し高級感があること

です。そしたら見つけました。これまでの機能もほとんど兼ね備えつつ、この要求事項も満足するモノ。
それが、この レザフェス (Lezaface) です。ノートは 2冊入りますし、もちろんペンホルダーも内側です。
安っぽいですけど皮っぽい感じですw ついでに、カバーのところにジッパーがついててものを入れておくこともできたり、隠しホルダーなんかもあって男子の心をくすぐってくるところもあります。
磁石で閉じたりしてくれはしないので、カバーがぱかぱかしてしまうかも知れませんが、そもそもカバンの中ではぴったりしたところへ入れているので、そのような心配もありません。

ひとまず、これでしばらく過ごしてもう少しコンサルっぽくなったら、本革のノートカバーへ移行したいと考えています(∀`*ゞ)エヘヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください