find コマンドで

Pocket

よく忘れるので書き残しておきます。
指定したファイルだけ、とか指定されたディレクトリにとんでもない量のファイルがあって、「引数渡しすぎです><」とか怒られたときの対処法。

find . -type f -maxdepth 1 -print0 |xargs -0 rm -f
(例:current directory のファイルをすべて削除。)
find .
find コマンドで、検索元となるディレクトリを指定
-type f
ファイルタイプの指定。これだとファイルを指定
-maxdepth 1
ディレクトリの深さを指定。’1’だと 1階層。ちなみに、’0’だと ‘.’ だけになるみたい。
-print0
出力される結果のデリミタを’0x00’にする。
xargs -0
引数の分割してくれるうれしいコマンド。デリミタを ‘0x00’とする場合
rm -f
xargs から渡されるコマンド。今回は削除を実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください