[つまづく] コンピュータの基礎ってなんだろう [潜ってみる]

常々「基礎をやれ」とえらそうに言うことを、人生の糧として生きているわけですが、ふと「コンピュータの基礎」って、なにをやれば「基礎」と言えるのか分からないことに気がつきました。

多分、大抵のエンジニアが思い描くものとして、コンピュータアーキテクチャ(またはシステム)は、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークで成り立っているから、それぞれについて基礎を学べば良いのではないかと想像するわけです。
なので、いったんはこのカテゴリで、基礎と言えるところまで深掘りしてみて、いったい何が基礎なのかを考えてみました。

なお、今日のネタは記憶だけで書いているので、たまにまちがいがあると思いますが、気にしないのが得策です。

“[つまづく] コンピュータの基礎ってなんだろう [潜ってみる]” の続きを読む

[PC長期間起動] Libera Memory Resident を 1月半使ってみて

以前、6月3日のエントリーで[Mac] スワップ多くて困る(´・ω・`) Libera Memory Residentという記事を書きました。

その後の結果報告です。

結論 : メモリ少ない Mac野郎は使え

至った理由は次の 点です。

  1. 32日間無停止で起動し続けた I)これまでは 10日程度でイライラして再起動してた。たまに Chrome は再起動した
  2. Swap の最大容量が 5.0GB だった II)これまでは 10日目の段階で 6.0GB超
  3. ストレスがたまって再起動したわけじゃなく、ATOK11 導入により再起動命令

要するに Chrome さえたまに再起動すれば、メモリが少なくて長期運転できないマカーの人も、安定して安全に安心して使えるわけです。
逆に言うと、ブラウザのメモリ食い過ぎ。FireFox でもそうでしたが、とにかくメモリ食い過ぎるアプリをどうするかにかかってくるかも知れません。

とは言え、ムダに確保されている領域が定期的に開放される、このアプリはオススメです。どうぞ、お使いくださいませ。

References   [ + ]

I. これまでは 10日程度でイライラして再起動してた。たまに Chrome は再起動した
II. これまでは 10日目の段階で 6.0GB超

[Mac] スワップ多くて困る(´・ω・`) Libera Memory Resident

Libera Memory Resident.

高専生だった頃から、PCは起動しっぱなしにして運用しています。

理由としては、(1)いつでも使いたいときに使いたい (2)HDD壊れないように、などですが、Mac を使っていると、”Inactive” がばんばん使われていってしまい、たいして起動していないのに SWAP だらけになることが多くて困っていました。

そういえば、メモリを解放するアプリあったよなー、ということで行き着いたのがこれ。
現在、実際に入れてみて試して居るとこですが、30分おきに 400MB を閾値 (defaultママ) にしています。しばらく、このまま運用してみて、どうか試してみますね。