[WordPress] アクセスランキング上位の記事を表示させる 2つの方法 [SlimStat]

昨日は WordPress いじっていたら 1日が終了してしまって、こんなことでいいのだろうか、どうだろうかと思いつつも「blogのネタができたから、いいや」と前向きに考えることにします。他にもイロイロやったので、しばらく WordPress ネタで引っ張るかも知れませんが、やらないかも知れません。所謂、忘れそうだから、残しておく備忘録なのです。


Pageviews

先日の「[IPA] デスマらないために「超上流から攻める IT 化の原理原則17ヶ条」が思った以上に使える件 [要件定義] | oshiire*BLOG」のアクセス著しいことが、ハッキリとよく分かるアレの光景ですが、こんなアクセスの状況を自分の解析のためだけに使わずに、外部へも使えたらなーと考え、いろいろと考えてみました。

結果として、2つの方法を試してみたので、その内容についてご説明しちゃいます。

WP SlimStat Shortcodes を使う

現在、我が oshiire**BLOG では、「WordPress › WP Slimstat « WordPress Plugins」を利用してアクセス解析をしてます。ついでに、Google Analytics* も使っていますが、それはまた別のお話。

どうせなら、この解析の結果をそのまま使えたらいいのに。と誰もがまず考えるでしょう。普通は。実際は、寝る前に思いついてハマったんですけれどもね。

結論からいうと、コレは採用しませんでした。現時点では、ただ、今後つかう機会はありそうです。では、どうやってつかうのか。

WP SlimStat Shortcodes を導入しよう

WordPress › WP SlimStat Shortcodes « WordPress Plugins」を導入しよう、まずはそれからだ。導入方法も簡単だ、お前ならできる。

これだババン

  1. Log-in to your WordPress admin
  2. Go to Plugins > Add New
  3. Search for WP SlimStat Shortcodes
  4. Click on Install Now under WP SlimStat Shortcodes
  5. Add one of the many shortcodes available to your pages

パクってきただけだけれども、日本語にしてあげよう、オレが優しい。

  1. WordPress のサイトへ監理者としてログインしろ
  2. 「プラグイン」→「新規追加」へ行け
  3. WP SlimStat Shortcodes” で検索しろ
  4. WP SlimStat Shortcodes” というのが出てくるから、「今すぐインストール」ボタンを押せ
  5. これで、貴様のページでは、くっそたくさんの “ショートコード” が追加された


WP SlimStat Shortcodes

うそです。足りないね、コレ。4. の次に「有効化」しないとダメですね。いや、しなくてもいいのか、コレ。オレはちゃんと有効化したけど。

さて、問題はこっからです。

ショートコードでblogを埋める

ショートコードは「WordPress › WP SlimStat Shortcodes « WordPress Plugins」ここに載っているんだけれども、使い勝手が難しすぎる。

取りあえず、今日のアクセス数を表示させたかったら、表示したいところに

と書けばいい。このページは日本語訳しないぜhehehe どうも、これを使っているような奇特な日本人はいないか、みんな英語が読めるんだと思う。気が向いたら、日本語訳作ってみる。

とは言え、ここで普通の人は躓くはずである。なぜなら、page や post の中に、ショートコードは埋められるので、ホントはちょいっと使ってみたい widget 内では、このままでは使えないのである。

ウィジェット内でショートコードを書きたい場合

php widget が利用できる状態になっていることが前提条件だけれども、次の方法が適用できる。良かったな、お前ら。




WordPressのウィジェットでショートコードを使う方法add_filter


さて、このサイトにもある通り、2つの手順を踏む必要がある。

  1. ウィジェットでショートコードを使えるようにする
  2. ウィジェットでショートコードを実行する

リンク先をちゃんと読んでもらえたらわかるってこったが、2. の場合に実際にコードを書いてみるとどうなるかというと、こうだ。


こんなん。この場合、今月のアクセス上位TOP10 が表示される、そうだ。実際に表示された。感動した。

WP PostViews を使う

実際、なんか寂しかったので、今は「WordPress › WP-PostViews « WordPress Plugins」を使ってます。なぜか、ちょっとムリをしたら「サムネイル表示」ができるから。ただそれだけです。へいへい、すいませんね。

導入方法はこうだ。面倒だから訳さない。

Instlation
1. Open wp-content/plugins Folder
2. Put: Folder: wp-postviews
3. Activate WP-PostViews Plugin
4. Go to WP-Admin -> Settings -> PostViews to configure the plugin.
Usage
1. Open wp-content/themes//index.php
2. You may place it in archive.php, single.php, post.php or page.php also.
3. Find:
4. Add Anywhere Below It (The Place You Want The Views To Show):
5. Or you can use the shortcode 1 views or 0 views (where 1 is the post ID) in a post


WP PostViews

VIews
使い方にうだうだ書いてあるけれども、管理画面の「ウィジェット」から、左にある”Views” というウィジェットを、好きなところへ持っていけば、ウィジェットとしてすぐに利用できる。

いろいろと項目はあるが、次の 3つを設定しておけば、ひとまずいいのである。

Title
ウィジェットのタイトル
Statistics Type
アクセス数の多い方(Most Viewed)か、少ない方(Least Viewed)かを全体か、カテゴリかで決める
No. Of Records To Show
表示したい数

カテゴリ単位にしたい場合は、Category IDs にカテゴリ番号の指定が必要な気がする。

さて、サムネイルを表示するには

これがやっかいだ。なんと言っても、WP-PostViews の php にもろに手を入れねばならぬのだ。素人には危険。

実際のやり方は、Google で「WP PostViews サムネイル」で検索すれば、イロイロ出てくるので、好きなところを見たら良いと思う。が。




[WordPress] WP-PostViewsの人気記事一覧にサムネイル画像を表示させる方法 | TechMemo


自分はこのサイトを参考に、こんなワンライナーを書いてみた。好きに使え。

sed -e '/$thumbnail/d' wp-postviews.php | sed -e '/$post_excerpt = views_post/a\tttt$thumbnail = get_the_post_thumbnail($post->ID,array(50,50),true);' | sed -e '/$output.*$temp/i\tttt$temp = str_replace("%THUMBNAIL%", $thumbnail, $temp);'

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です