[ConoHa] VPS 作って、debian 入れてみる [GMO]

さて、ついにそろそろ VPS を作って、外部にサーバを立ててしまおうかと考えています。

なぜかと言われたら「そこにサーバがあるから」 ((外部2ndery DNSとか諸々ほしいので))


Let's start VPS

というか、まぁ、イロイロためして、最終的にどっかに落ち着こうって気分です。

取りあえず、アカウント登録をしてダッシュボード開くと、「やいやい、まずは VPS追加して金払え」と言わんばかりの強制力の高い画面が出てくるので、すんなり「+ VPSを追加する」を推して進めてみたいと思います。

VPS追加

ほんで「VPS追加」画面です。root のパスワードだけ入れれば即作れるようです。簡単!


Adding VPS

尚、この時点では「テンプレートイメージ」は次の2つしか選べないです。

  1. CentOS 6.5 (64bit)
  2. CentOS 6.5 (64bit) + nginx + WordPress

私は debianにしか興味が無いので、ひとまず適当にパスワードだけ入れて作ってみます。大したことはしないので、一番安いプランでいきます。地味に ¥1,000- 越えるのが残念です。


creating VPS...

ほんでもって作ってみると、こんな感じです。
サーバがデプロイされてますね。1分くらいらしいですけれども、ちょい待ちます。

そんな感じで待っている間に、こんなメールも来ました。丁寧ですね。


received mail

debian 入れてみる

気がついたら起動していた CentOS の VPSを「サーバーリスト」から選択して、”OS再インストール” を早速やってみます。


reinstall OS

  • インストール元 → インストールイメージ
  • ディストリビューション → Debian
  • バージョン → 7 (64bit)

としておきます。さっき作った ssh keypair はちゃんと再利用できるんですね。えらい。


console

ということで、コンソール開いたら、エラー出て「ナニゴト?!」と思って不安に感じていたら、起動されてなかったです。

左上の「起動」をクリックしてから、コンソールを再接続すれば良いみたいです。そしたら、よく見かける debianのインストール画面がヽ(´ー`)ノ


installing debian

ブラウザで完結するの楽しいです。

ブラウザ上でインストール作業をするってだけで、インストール行為自体はフツーの debianです。助かる

[Vagrant] Debian7.4 の Vagrant BOX を作ってみた [Debian] | oshiire*BLOG

このあたりと同じように、最小構成で作ってみてます。
フツーにOS入れられるの便利ですな。

導入見てる限りでは、そんなに速くない感じはあるけど、まぁこんなもんかなーと言うところ。取りあえず、思ったよりファイルのコピーに時間かかってる。遠く離れたところにあるだろうサーバなのに、こうやってコンソール画面飛んでくるって、時代は変わったなぁー ((年寄り))


booted debian on ConoHa VPS

ということで、インストール完了。完全に、仮想化のサーバが手元にあるように使えて、これは便利だね。復帰しやすいように、この時点でスナップショット撮っておいたほうがいいかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です