[logicool] MX ERGO をついに購入してみた、ファーストインプレッションを報告する [トラックボール]

Pocket

正月だし…で、なんとなくちょっとだけ夜更かしをしちゃうものの、そろそろ朝早く起きなきゃと、がんばって朝ふつーに起きたら、ぜんぜん原稿書けなくて、やっぱりちゃんと寝ようと感じたしょっさんです、こんばんわ。

予定の半分以下の力とは言え、ちゃんと原稿進めたり、おうちのサーバをなくすための努力をしたりと、今日もいっぱいがんばってます。


MX ERGO logicool

MX ERGO(logicool) が、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

初めて、自分でお金を出して購入したアナログデバイスが「トラックボール」 I)なお、初めて買ってもらったアナログデバイスは、カセットビジョン であった流しのトラックボーラーしょっさんとしては、「M570tの再来どころか、最強のトラックボール」とまで言わしめた、このMX ERGO(logicool) 。どういったわけか、まだ手を出していませんでした。それには理由があります。

2017年3月の「Digio2 Q: さしあげます」をご覧いただくとわかりますが、前回のトラックボール購入で下手こいたからです。

インタフェイスを触るでもなく、他人の評価だけで買うと失敗するの典型例でした。「ください」と言われたのにまだお会いできてなくて、まだ家にこのトラックボールありますが、見たくもありません。このように失敗を経験すると、人は「慎重」になるものです。いたしかたない。やむなし。

ということで、実際に触れてみるまでは「買わぬ」の精神で今日まで過ごしてきました。

結局、MX ERGO(logicool) は、どうよ

結論

すばらしい

わざわざ見出しにして結論を書いて強調したいほどに、良いです。現時点では。とにかく、インタフェイスとして大事な点をちゃんと抑えてきました。これで、M570tからようやく脱皮できます。

何が素晴らしかったのか、端的に感じたものとしては、次の3つです。

  1. 安定感
  2. 肌触り
  3. 傾き

1. 安定感

「重量: 259g(メタルプレートあり/レシーバーなし)」公式サイトより と、M570t の「本体重量 g : 142」と比較しても重いです。これがマウスだったら、「いい加減にしろ、失せろ」みたいになりますが、トラックボールの場合、安定感は操作感に直結します。ボールを回した程度で本体がぶれては意味がないのです。

「接地面とくっついていれば…?」という輩はまだトラックボールのなんたるかが分かってない。動かなければ良い、のではない。回す軸を中心に、本体が「動かない」「ぶれない」ことが重要なのである。軽い素材、軽い本体の場合、接地面とくっついていたとしても、ボールが回ることにより、上面のブレが若干発生します。これが不快になる主原因。「M570t」は軽いのに、この辺はうまく作ってあったので、好評を得ていたと信じる。だがしかし、「MX ERGO(logicool)」では、その重量感により、本体の安定のみならず、心の安定をも生み出すのである。通常、ここまで高さのあるトラックボールシステムにしてしまうと、ブレが発生してもおかしくないのに、この重量によって、それらを払拭している。

心の安定は、トラックボールの安定感から生まれるのである。

2. 肌触り

無機質なプラスティックや、鉄・アルミ製が多くのさばる IT系インタフェイスであるが、「MX ERGO(logicool)」は、肌の触れる部分が「マット」である。この程度はよくあるものであるが、「釦」「ホイール」といった、指で操作するものは無機質のプラスティックそのものである。

愕然とした。

手のひらを抑えるマットの質感は、精神衛生上、とても良い。「滑らない」これを実感できます。先にも述べたとおり、トラックボールは安定が命。それを「質感」でも感じられるのは、精神の安定につながる。それでいて、釦やホイールはプラスティック。この指でクリックやホイールする繊細な動作には、プラスティックの無機質な質感は重要。ここがマットだと、指先にまとわりつくような気持ち悪い肌感に。繊細な作業を要求する部分は、必要最低限の機能を、最小の接点と、最小の労力で実行できることが重要なのです。

精神の安定は、トラックボールの肌質感から生まれるのである。

3. 傾き

傾斜が変えられる。

たったこれだけのことでありながら、私たちは新たな土俵へ上がることができた。実は、人の腕は手のひらを下に向けることに不向きである。肘を直角に曲げて、机の上に腕を置く場合、手のひらを下ではなく、内側に向けて立てるようにおいたほうが疲労が少ない(と個人的勝手に思う)。したがって、デバイスもできる限り傾斜をもたせることで、腕の疲労度をさげ、よりよい操作感を得ることができるのである。

この「MX ERGO(logicool)」では、この傾斜角を選択することができる。

選択肢を設けることによって「そうは言っても手のひらは下」派も「傾斜があって当然」派もともに受け入れることができる、心の余裕が生まれている。ほんのちょっとした傾きかもしれないが、この傾斜が、明日の心のゆとりを作っている、そう申し伝えても過言ではない。

心のゆとりは、トラックボールの傾斜から生まれるのである。

まとめ

買え

References   [ + ]

I. なお、初めて買ってもらったアナログデバイスは、カセットビジョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください