[継続] 継続するためには、生活を規則正しく [力なり]

Pocket

雪が降ったと思ったら、すぐに雨。私の心が温かくなったわけでもないのに、雪は流れて雨になる、しょっさんです。

謎のニュアンスをのせると、なにかがあったのではないかと疑心暗鬼になるのが若いころです。年をとると、そもそも他人のことを気にしている余裕がなくなります。


Shiosio kasdfjk TP V

新年の志は続かない

毎年そうですが、1月からは新しいことがヒジョーにうまく行きます。1月はだいたい「これだ」と決めたことを、うまく継続できます。調子が良いと3月まで継続できます。が、まぁだいたい2月、または4月くらいから継続が困難になり、5月のゴールデン・ウィークでリトライします。そして、ゴールデン・ウィークが終わると、また継続できなくなります。

理由はなぜか。

わたしの場合は、会食が増えるからです。

12月は年末だし、忘年会の参加に余念がなく「来年のことを言うと鬼が笑う」を合言葉に、新年会の予定もあまり入りません。また1月も弊社の場合は年度末のラストスパートが必要ですし、一般の会社でも新年からスタートダッシュすることもなく、ゆるめにスタートすることでしょう。年始の挨拶などで、日々が過ぎていきます。新年会やりましょうねーなんて言っても、当月の予定は作りにくいので、実際新年会という物自体は忘年会と比較すると、やたらと少ない傾向にあるでしょう。

すると、1月は穏やかにストイックに過ごすことが多くなります。夜は速やかに帰宅し、とっとと寝ます。正月疲れもあるし。すると、朝も早く起きることができます。新年に掲げた信念をストイックに継続していくことに障壁がないため、結果的に新しく始めたことが続きます。

これが2月や、4月といった段階から、会食という名の飲み会が増えだします。週に一度程度であればカンタンにリカバリーできますが、ウィークデイは毎日会食みたいな日々もやってきます。するってぇと、その週は何も行うことができなくなりますね。1週間、これまで継続していたことが立ち行かなくなるとどうなるか。

やらなくなります。

ですよね。3年かけて継続したことも、1週間もあればやめるにふさわしい理由になります。「いやー、1週間走ってないと、ちょっときついなー」「1週間、英語の勉強しなかったら、まぁもうそんなに意味もないし、変わらないだろう。面倒だしいいやー、モンハンやろう」っていう心意気になることまちがいなしです。みんながそうでなくても、少なくともわいはそうです。心が弱いんです。意志がないんです。1年かけて継続したところで、1習慣もやめれば平気で習慣じゃなくなるんです、わたし。基本的に面倒なので。

継続するには、イレギュラーをなくす

ストイックに何かを継続すること自体は、身体的にも精神的にもなんら問題はなく、むしろ継続できなくなることのほうが、精神的ストレスがでかいと44年生きてきてようやく分かりました。いや嘘つきました。前から知ってたんですけど、知らんことにしてました。

ということで、今年はもう少し自分のアップグレードに時間をかけるために、新年にも掲げたように次のポイントを決めたわけです。

  • 21時をすぎる会食は、月に4回まで

平均すると週に1度程度ですね。1月はもうすでに埋まってしまったので、もう予定を入れるつもりはありませんが、4回のうちの2回が羊sunriseなのは、もはや奇跡。

「規則正しい生活」をストイックに実現していくためには、どうやったところでイレギュラーな予定をいかに減らすかしかありません。若いころならつゆ知らず、不惑を過ぎても、夜遅くまで飲み会に馳せ参じるというのは人体的に不可能なんです。諦めましょう。夜に遊びに行くなんて、イレギュラーを通り越してでも会いたい人、会う意味のある人とだけで十分じゃないですか。家に帰ってくれば、家族がいる人にとっては。

飲み会のみならず、21時をすぎるようなものであれば勉強会への参加も見直しします。勉強会もホントに勉強会になるのかどうか、ここ数年かんがえこむことが多いところです。開催する側だったりもするので「勉強会なんて意味ねーよ」と十把一絡げに言えることもないのですが、ホントに意味のある勉強会ってどれくらいでしょう。懇親会か、同窓会じゃないのか、と思えるようなただの会合もあります。自分の健康や、独習と比較して、その勉強会がほんとに意味のあることであれば参加すればいいんだなと思いつつも、判断が難しいですな。

周りを見ていて、いろいろなことをコツコツと進めている人たちは、わたしみたいに遊び回っていることはほとんどありません。体力がありあまっていて「よくそんなに活動できますね」って人も見ますが、スキル的には「?」な人もいます。まず、大事なことは日々の活動・生活を規則正しく。そして、ほんとに必要・重要なことに参加できるための体力と、イレギュラーを受け入れられる中期的な生活リズムの回復方法。これらを組み合わせて、長い目で見ながら予定を組んでいくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください