[スーツ] スーツを長く着るためにできる 6つのコト

Pocket

社会人の皆さん、スーツは着ていますか?

私は毎日着ていますが、IT業界ではカジュアルな私服をOKにしているトコが多いな、と感じています。弊社では作業をするときでも作業着ではなく、スーツで作業することがほとんどと言う珍しいタイプ?のIT企業です。
ですから、普通のオフィス業務だけではなく、マシンルームでの作業やらでぞんざいに扱うことが多く、昔からスーツはすぐにダメにしていました。

また、飲みに行ったりしたときに、知らぬ間に破れていたりとか、ちょっとサイズが合っていなくてひょんな拍子から破れたりすることがありました。一時期は西武で「ちょっとお高いんでしょ?」みたいなブランドスーツなんかを着散らかしていたりしたので、簡単に破れてしまったりすると、直すのも万単位ですし、非常に切なくなります(´・ω・`)

そこで、できるだけ投資を少なくして、それでいて長いシーズン着続けられる方法はないか、これまでに模索してたどり着いた方法を皆様にお伝えします。

この方法が最善ではありませんが、その辺で売ってる吊りスーツ I)プレタポルテ を買って、すぐにダメにしてしまっている方には、投資も少なくオススメと思われます。

私がスーツを長く着るためにやっていることは、6つあります。

オーダーメイドのスーツ
とは言え、私はイージーオーダーです。というかイージーオーダーで十分です。まず、そもそも、体にフィットしていない服というのは、ずれている部分からほつれたり、破れやすくなっていくと考えられます。

特に私は、上半身は L〜LLサイズ、下半身が M〜Lサイズと、上下のサイズが大きく異なるため、上下のどちらかにあわせると、どうしてもあわないサイズになってしまいます。
そのため、ちゃんと体に合わせられるように、一昨年からはHANABISHIさんを利用させていただいています。
(1)家から近いこと (2)高級毛採用のスーツがたまに安売りしている (3)そもそも安い。ことから、今は全てこちらのスーツを着ています。細かいポイントもオーダーできるため、カスタマイズマニアにはオススメです。楽しいですよ。

また、体に合わせてスーツを作りますので、体型の維持が必須です。そのため、強制的にダイエットすることにもなり、一石二鳥ですね♪( ´▽`)

スーツをシーズン毎に 5着揃える
春夏と秋冬の 2シーズンでよいので 5着ずつにします。これにより、その週では 1着、1度ずつ着ることになり、短いスパンで考えたときの着る回数が減ります。連続して着用することで痛みやすくなったりもしますので、毎日、変えられるように最低 3着、できれば 1週間分を準備することが望ましいでしょう。

1週間分準備すると、曜日毎に着るスーツを決められるので、毎朝コーディネートを考える必要がなくなる、と言うメリットもあります。

クリーニングに出さない
まったく出さない、と言うわけにはいきませんが、1シーズンに 1度程度と回数を少なくすることで、スーツを長く使うことができるようになります。
「不衛生ではないか?」と思われるかもしれませんが、次に示す 3つの方法を使うことで、スーツ自体を綺麗に使い続けることができるようになります。
ズボンプレッサーを使う
ズボンの折り目を付けてくれるものです。私は Corbyのズボンプレッサーを使っています。折り目がなくなってアイロンをかけたり、その度にクリーニングに出したり、面倒ですし、お金がかかります。

ズボンプレッサーであれば、帰ってきて、ひょいひょいとのせて挟んでボタンを押すだけです。こんなに便利で、毎日ちゃんと折り目がついてくるんだったら、初期投資が多少高くても買ってしまったほうが良いです。

スーツを 20回、クリーニングへ出すコスト以下で買えますよ。

ブラッシングする
外に出かけて着ているものですから、クリーニングに出さなければ、やはりそれだけ汚くなります。
しかし、子供じゃありませんから、泥だらけにしたりとかすることはほとんど無いと思います。
専用のブラシを使って、毎日ブラッシングするだけで、ほこりやゴミなどは綺麗にとれます。ちょっとやるだけで十分なので、毎日ハンガーに掛けるとともにブラッシングしておきたいですね。
下着は長くて吸水性の良いモノを使う
特に夏場の話です。
スーツと肌が直接あたる部分では、汗をスーツそのものが吸ってしまい、くさくなってべたべたするようになります。帰ってくる度に、毎度、汗のケアをすることで多少は緩和されますが、毎日ケアをすることも大変ですし、どうにもならなくなってくると思います。
そこで、スーツの下に着る Yシャツ・シャツ、それからパンツ、これらは、長めで吸水性の良いモノを着ています。

Yシャツは長袖です。上着を羽織る場合には必ず長袖にします。汗をかいたまま、半袖や袖をまくったまま上着を着てしまうと、袖の部分がとんでもないことになります。確認してみてください。裏っかえしにするとよく分かりますが、汗ばんで色が変わっていたりしませんか?
まず、これを押さえるようにしましょう。Yシャツは長袖です。ちなみに、クールビズで上着を着ない場合は、好きにしてください。

シャツは Yシャツが長袖であれば、シャツまで長い必要はありませんが、吸水性の良い、できるだけ肌に密着したものを着ましょう。特に気に入っているのはUnder Armour HGコンプレッションです。スポーツ用なので吸水性・速乾性ともよくできています。普通のシャツよりも高めですけどね(´・ω・`) 他にもBODY WILDも着ています。下着専門メーカーや、スポーツメーカーがオススメです。

パンツ。ボクサータイプの長いものを履いています。望ましいのは膝下まであるものですが、なかなかないんですよね。
フィット感ではUnder Armour コンプレッションシリーズCKです。ポジションチェンジが不要なボクサーを履いてます。ボクサーパンツを長きにわたり、はかなかったことはとても後悔してます。もう、トランクスを履いて外出することはありません( ´ー`)y-~~
長いものがどうしても手に入らなければ、パンツとは別にレギンスや股引みたいなものも履くのも良いです。その時も膝下までカバーできるものがオススメです

普段着るものですから、できるだけ長く良いモノを着続けたいですよね。
皆様のご参考になれば。

References   [ + ]

I. プレタポルテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください