[読書メーター] 2013年1月に読んだ本 [まとめ]

一所懸命に下らないことを書き綴りながら、それでいて役に立つことを書いてみようとした”oshiire*BLOG» Blog Archive » [iPhone] DraftPadとTextExpanderで、最強快適なメモ環境を実現する“に「おもしろい」ってコメントがされていたのがあって励みになります。これからも、生足を凝視して生活していく所存です。
それにしても、ホントTextExpanderは、”oshiire*BLOG» Blog Archive » [Mac] エンジニアこそ TextExpander を使え [省力化]“でも書いた 3つの理由からも、エンジニアの方だけではなく、文章を書く全ての人へオススメの逸品です。Mac/iPhone/iPadを持っているならば、買わずに生きると言うことが、どれだけおこがましいか、実際に使ってみていただければよく分かります。

そろそろ、”SmileSoftware“から宣伝費が入ってきてもおかしくないはず。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:583ページ
ナイス数:10ナイス

ウソツキ!ゴクオーくん 3 (てんとう虫コミックス)ウソツキ!ゴクオーくん 3 (てんとう虫コミックス)感想
学校内での話題にも広がりがなくなってきたからか、地獄の世界や、あらたなヤバイキャラ登場させてきてます。現時点ではなんとも判断がつきませんが、今後、どのように進めていくかはターニングポイントになりそうだな、と感じる巻でした。 内容は少し飛ばし気味になってきたところが気になりますが、キャラに変化はないので、このままいって欲しい感じです。幽遊白書みたいに流れていくと、個人的にはあまり嬉しくないです。
読了日:1月27日 著者:吉もと 誠
女子高生Girls-Live(3) (アクションコミックス(コミックハイ! ))女子高生Girls-Live(3) (アクションコミックス(コミックハイ! ))感想
毎度、ホント落ち着く。癒やしだわ…。
読了日:1月13日 著者:大島 永遠
英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)感想
昔に多読・多聴を効果的にどうしたらよいか、具体的な策を求めて購入した本です。難しい本を少なく読むのではなく、易しく、簡単な本をたくさん読むことを推奨しています。英語のCDをかけっぱなしにすること、単語を訳語ではなくイメージで掴むこと、絵本はイメージを掴みつつ、多読に向くことなど実効策が載っています。これらは主に体験を元に書かれています。最後に、基礎となる次の4点について、どのように学習するかがまとめられているので、そこから自分の学習法をピックアップするのも吉。1)聴く2)読む3)話す4)書く
読了日:1月9日 著者:伊藤 サム
疲れないカラダの作り方疲れないカラダの作り方感想
整体師の書いた本を読んでることが多い気がしますが、疲れに影響を及ぼす項目(姿勢、食事、睡眠やメンタルなど)をまとめて、各々についてのストレッチ方法による対策が記されています。各項目については、どこでも聞くような内容ですが、それらについてどのように解消するか、一つずつストレッチが載っているので、参考になるでしょう。 また、まとまっているので、一覧するにも十分ですし、Kindle で ¥100ですから、持っていて特に損はしないでしょう。
読了日:1月4日 著者:サニー久永
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 01月号 [雑誌]感想
今更ながら、2012年を反省します。中身は知っていること満載だったので、購入したことを反省しています。
読了日:1月3日 著者:
ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)感想
Gamification ネタを考えるにあたって、「ゲームとは何か」に立ち返っていろいろ本を読んでます。これは主に、「ビデオゲームの開発者になるには」という就活生がターゲットになっていて、自分の趣旨とはちょっとずれてたんですが、最初に「ビデオゲームとは何か」を定義している部分があり、その点は役に立ちました。 ただ、「ビデオゲーム」ではなくて、「ゲームとは何か」を考えるには、少しピントがずれていたのでちょっと失敗でした。けれども、「ゲームの開発者になるには」という視点で見れば最初に読むに良い本だと感じます。
読了日:1月2日 著者:馬場 保仁,山本 貴光

読書メーター