[仕事] 多忙とは何か [心を亡くす]

「心を亡くす」と書いて、「忙しい」と書きます。
「忙しい」は「心を亡くす」事です。

働くくまさん
働くくまさん

4月より、おもーい案件にかすってしまったために、けっこうしんどい調整ごとや、アーキテクチャデザインなんかをしていました。
お陰様で、1-3月までは、コンスタントに blog記述数が 30を超えていたのですが、4月は 17、5月は…あれ?

毎年、「よし、blog書くぞ( ゚д゚ )クワッ!!」と取りかかりながら、このような傾向にあります。3日坊主、3週間坊主、3ヶ月坊主とありますが、それぞれ、その日数が経過すると「がんばったから、少し緩くても良いか( ´ー`)y-~~」と簡単に諦めてしまうのが、この私です。

こう書くと、3月までは暇だったのではないかと言われるかもしれませんが、そうではなくて、3月までもそこそこ仕事はあったのですが、けっこう無理矢理、blogを書き続けていました。
すると「身のないblog」も多く生み出していることに気がつきました。これはあかん。品質の改善を要求する(`・ω・´)ゞ

と考え直した段階で、ちょうど仕事が忙しくなってきて、ついに「心を亡くし」ました。

「この忙しいときに blogを書いたところで、身のない、品質の低いモノができあがるだけだ、今日はもう良い」

これです。

ただ、年初に掲げた目標は、「なにはともあれ、どんなクズな内容でも毎日blogを書き続けろ(`・ω・´)ゞ」でした。
たしかに、毎日書いていれば、低品質な内容もありますが、たまには起死回生のヒット作も出てきます。「これは売れる」と思って書いたものは廃れて、どうでもいいてきとーに書いたものに限って、やけにページビューがあったりします。

この辺は、実際に書き続けていって、分析を重ねていかないと、品質の改善は見込めないと考えています。にも関わらず「品質が下がるから、書かなくていいや」という理由づけをして、blog を書いてこなかったのは、まさに「心を亡くした」ことが原因ではないでしょうか。

4行でも良い、毎日 blog を書こうと心に誓ったものが、Twitter にはつぶやけても blogは書けていないのは問題です。心を亡くしたことによって、他にもずるずると亡くしていってしまっています。
これではいけません。

おもーい仕事が一段落してきたので、少し余裕ができてきたこともあり、こうやって文章を書いています。
ただ、今後、忙しいからという理由を盾にして、書くことをやめてしまうようなことのないよう、どうやって「心を亡くさず」仕事を廻していくか。
考えて暮らしていきたいです。

「忙しい」の代わりになるような、前向きな言葉がほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です