[フィットネス] fitbit Flex を 1ヶ月使ってみた [万歩計]

Pocket

昨年はダイエットが気持ちよいほどに効果があって、自分でも怖くなるくらいに体重・体脂肪率を落とすことができました。ホント良かった。
そんな、既にダイエット生活が板に付いている私が、「Fitbit Flex ワイヤレス活動量計・睡眠計リストバンド」を一ヶ月使ってみました。

なんで、こんなものを…というと、会社の健保が多分困り果てて社員を健康にして、暴利をむさぼりたいための企画 I)個人的な予測です として、特定の社員に Fitbit を配布して、健康管理をさせようというものです。ガジェット好きな社員の多い弊社です、すぐに数千人が殺到したようです。なんだ、社員の気持ち、分かってるじゃん。

そんなこんなで借りて見た結果について、皆様にご報告します。

1. 結論

いらない

以上

2. なぜ不要なのか

さすがに理由も書かずに「いらない」とか、前提もなく万人向けに「いらない」と書いちゃうのは、小心者の風上にもおけないので、ちゃんと理由諸々を書いておきます。

2-1. 前提として

まず、前提としてですが、そもそも Fitbit を使う前から次の状態でした。

  • 万歩計は iPhone5s 内蔵のを利用して、Argus で諸々を確認している
  • 睡眠時の状態も、同社の Sleep Time+ で取得している II)これを使うと、自動的に Argus へ反映されます
  • 日々の体重などの記録は「健康のポータルサイト:カラダカラ」で全て入力している
  • 日々の食事内容は「ダイエットなら-あすけん」を使っている

万歩計以外は自主的に、集計するために自分でデータを入力している状態です。


Argus – Pedometer, Run, Cycle achieve your fitness and weight loss goals with the ultimate activity tracker by Azumio
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル



Sleep Time+ : Sleep Cycle Smart Alarm Clock, Sleep Tracker with Sleep Cycle Analysis and Soundscape for Better Sleep
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ

2-2. Fitbit Flex では、何ができるんだっけ?

さて、この Flex では、なにができるのかというと。

  • 自動的 に「歩数」を集計し、その結果から、消費カロリーと移動距離を算出する
  • 自動的 に、サーバとデータ連係できる
  • 睡眠時は、5回タップすると睡眠モードに移って、自動的 に睡眠時の状態を収集する
  • 食事内容を入力してカロリー計算や、飲んだ水の量を記録することができる
  • 活動後のカロリーと摂取カロリーを比較してくれる

いろいろと 自動的 に取得してくれます。なんとなく便利そうです。

2-3. で、結局なにが不満なのか

要するに、これまでもデータを管理していることで、機能が被っていて、二重管理になるだけでめんどくさい、と言うことです。
とは言え、いろいろとこまやい事があります。こんなです。

  • 充電のタイミング分からないし、1週間もたない
  • もちろん充電中はどうしようもない
  • 腕時計ですら、移動中しか付けていられないオレが、これをずっとつけていること自体気持ち悪くて不快
  • 付けているときの全ての活動状態の歩数が取得できるけど、なんかコレは詐欺っぽい
  • 腕につけているからか、誤差がでかい。まさか、オレが寝ているときに 200歩も徘徊しているとは思わなかった。
  • 食事の内容を記録するにも、元のデータが多い「あすけん」のが良い。ついでに、カロリー以外にも栄養素も分析してくれる「あすけん」の方が、断然上。
  • 記録したい情報は固定化されていて、自分の登録したいデータが管理できない。
  • 5回タップの反応がなかなか悪い割には、リズム刻んでるときに勝手に睡眠モードになってウザイ。
  • 突然ぶるぶる震えてびっくりする

他にずっと良いサービスを使っていたので、結果的に Fitbit は二次的な補足データ「にもなり得ない」ので、私にとっては不要だった、と言う結論に至ったわけです。

3. Fitbit は誰向けなのか

とは言え、これを使って喜んでいる人も多く居ますので、データ収集オタでもなければ、気軽に日々の状態を記録することができるのはありがたい人も多いと考えられます。

個人的に、コレまで使ってみて、誰向けなのかを分析してみました。
みなさまのお役に立てば、これ幸いです。私にとっては不幸でした。

  • 今まで、健康状態を記録するようなサービスを全く使っていない
  • 少なくとも、朝、体重を量って記録する、なんて行動を取るのはめんどくさい
  • 一日どれくらい歩いているのか、そのくらいは気にしておきたい、最近メタボな私
  • 調子がのってきたら、レコーディングダイエットとかもしてみたい

このように、これから健康オタになろうという第一歩として、これは良いのかなと感じました。ついに私は、Fitbit を縁を切るために腕から、それを外すのでした。

以上、現場からのリポートでした。

高いよ、買うには高い。

References   [ + ]

I. 個人的な予測です
II. これを使うと、自動的に Argus へ反映されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください