[涼宮ハルヒ] 四行で理解する「涼宮ハルヒの分裂」[あらすじ]

ついに明日、4年の沈黙を経て、涼宮ハルヒの驚愕が発売されますけど。

さて、皆様に質問です。
涼宮ハルヒの分裂」 の内容は覚えていますか?

そうです。覚えてないですよね。あたしなんか、何も覚えていませんでした。はい、4年も前のことですし。それにしてもなんにも覚えていませんでした。
ものすごく新鮮な気持ちで、もう一度、涼宮ハルヒの分裂を読むことができました。自分のバカな脳みそに乾杯。

ということで、大半の人が忘れているだろうと言うことで、4行であらすじを説明します。これで思い出してあげてください。

  1. 高校二年生になった春、新入部員を求めはしゃぎまわるハルヒとは裏腹に、疲労の見える古泉から、その疲労の原因を回想することになる。
  2. それは、春休みにフリーマーケットへ行く待ち合わせの時、キョンの中学の頃の友人、魅力的な女子の佐々木と一緒にいるところでハルヒと落ち合ってしまい、以後、閉鎖空間が頻出したためである。
  3. その後、SOS団は休日に不思議なモノ探しのために集まるが、佐々木とその一味に出会い、この後、ハルヒが何かをしてしまうことになる。 ((現時点では、この何か、は明確に記述されていない))
  4. α:新入部員たちが入部依頼をしてくる日常と、β:佐々木一味から、佐々木をハルヒの代替人にしたいという依頼から、長門の倒れる、もう一つの二つの日常が始まる。

[tmkm-amazon]4044292108[/tmkm-amazon]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です