[読んだ] ゲームの教科書

Gamification ネタを考えるにあたって、「ゲームとは何か」に立ち返っていろいろ本を読んでます。

これは主に、「ビデオゲームの開発者になるには」という就活生がターゲットになっていて、自分の趣旨とはちょっとずれてたんですが、最初に「ビデオゲームとは何か」を定義している部分があり、その点は役に立ちました。 ただ、「ビデオゲーム」ではなくて、「ゲームとは何か」を考えるには、少しピントがずれていたのでちょっと失敗でした。
けれども、「ゲームの開発者になるには」という視点で見れば最初に読むに良い本だと感じます。

気になったとこ

第一章 ゲームってなに? p.18
人間が、或る一定のルール(規則)にのっとって目的にむかってなにかを行い、その結果によって優劣を競うモノ。
第一章 ゲームってなに? p.50
「ゲーム世界内に登場する要素と、他の要素を含む環境との友好的、敵対的なあらゆる関係の総体」
第二章 ゲーム開発ってどんな仕事? p.61
企画書に必要な要素

  1. 誰にむけて(ターゲット)
  2. どんな楽しさの遊びを(コンセプト)
  3. どのような仕組みで実現するのか(ゲーム・システム)

目次

第1章 ゲームってなに?
第2章 ゲーム開発ってどんな仕事?(ゲーム開発の手順
ゲーム開発にかかるコストとリスク
或るゲーム開発者の一日)
第3章 ゲーム開発者になるには?(ゲーム開発者への道
なにを学んだらよいか
就職活動のためのヒント)
第4章 一カ月でゲームを作ろう!(第一週
第二週
第三週
第四週)

[tmkm-amazon]4480688021[/tmkm-amazon]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です