[やめられない] 逆転裁判5をやってみた [とまらない]

また blog書いてないじゃないか、〆切近いからか。
半分 yes。半分 no。

YES & NO
YES & NO

以前、”[秋の夜長に] 逆転裁判5 がやってきた [ゲームはいかが] | oshiire*BLOG” で、ファーストインプレッションを書いてみたわけですが、その後、家にいれば、こればっかりやっている始末。

面白いから、かどうかはおいといて、逆転裁判が好きなんです。仕方ない。オレが毎日”Perfume“聴いて暮らしているようなものです。
関係ないけど、場面別ベスト3なPerfumeランキング作る予定です、乞うご期待。

閑話休題

その後、家にいるときはできるだけ、逆転裁判に神経を集中して生活をしていますが、なぜか我が家にドジョウがやってきたり、某”キユーピー3分インフラクッキング“があったり、ジャマをされつつも、第4話くらいまできています。

そこで、その後、新たに印象を受けた内容を箇条書きにします。
これを見たら、すぐ買うんだ、いいか、まず買え。話は買ってからだ。

  • 最初の話から伏線
  • 1話が長い
  • お前は誰だ
  • どっからどう見ても、お前が怪しいだろ
  • 君、ちょっと出過ぎじゃね?
  • いくらなんでも、それはムリが
  • この検事…
  • お前印象変わりすぎだろ
  • お前、手伝いすぎだろ
  • 一通り、これまでのオマケゲーム的なの出してみればいいってわけじゃねぇぞ
  • あれ…これって、もしかして…
  • 証拠より、推理が先にいって困る
  • お、おう

まとめ

ぶっちゃけ、これまでよりも操作感はとても良いです。
これまで「めんどくせぇな、これ…」と感じていた面倒なゲームが、ただのオマケにしかなってません。(最後に向けて変わってくるかも知れませんけど)

逆転裁判1-4 をまとめて、捜査官をよくしたら、こうなったけど、ちょっと一つの話が全部長くてゴメンね
てへぺろ(・ω<) さぁ、買え。 [tmkm-amazon]B00972R5B4[/tmkm-amazon]