[アクアリウム] そろそろ水槽の水質が安定してきたかな [15日目]

水槽にコケが目立つようになってきました、夏休みが気がついたらほとんど消化されてるしょっさんです。

15日目の水槽
15日目の水槽

なぜかドジョウが我が家にやってきてからもう 20日近く経過しますが、あわてて立ち上げた水槽はやっと 2週間経過と言ったところです。

一旦まとめておきます。なんだか分からないままに、お金を掛けすぎた気がするので、振り返ります、立ち返ります。
お前らのためじゃないです、オレのためです。

1.ドジョウ、来る

四女の通う保育園にて、どうも次のようなやりとりがあったかどうかは知りませんが、ドジョウが半強制的に配布されました。
こういう時に、文句の一つも言わずにもらってくるのがうちの嫁です。後先とか考えないです。

保育士A「うちの保育園でも情操教育のために、ドジョウを飼おう!!」
保育士B「ちかくの保育園では、輸送中にドジョウが相当数、しんだそうです!」
保育士A「では、倍以上準備しておきましょう!!」
輸送中の死亡事故 → 0
保育士A「そうだ、各家庭に配ろう!!」
各家庭「ドジョウ三匹なんて、突然もらっても…(‘A`)」

どうでもいいけど、三匹配るのは、配る側の優しさみたいですね。ドジョウも寂しがりなので、三匹くらいは居た方がいいようです。
うちのは、水槽入れた次の日には、地震を予知したのか大分して☆になってましたけどね(‘A`)残った二匹は♂♀で(ry

2.水槽、買う?

実は去年まで、メダカとヤマトヌマエビを飼ってました。
アクアリウムというか、初心者セットで、濾過器もエアレーションもなく、そのセットだけで世界が一つできあがっているようなセットです。
換水は必要なんですが、まぁ、それでも飼育も落で、インテリアとしても良かったので、1年近くそれで水生生物を 20年以上ぶりに飼ってたわけです。

ただ、夏場のアースノーマット体制により、エビから順番に☆になっていったわけです。45cm 水槽だったんですけど、深さを低めにして運用するタイプで、ちょっとした薬剤でエビには影響大だったのです。その後、メダカもだんだんと調子を崩していき…(‘A`)

で、この家では、もう水生生物、特に甲殻類はダメだと悟ったので、二度と飼育はやめようと封印したんです、これホント。

しかし、10-15cm のドジョウがやってきた手前、60cm 以上の水槽は必要です。生物を何もせずに殺すことだけはしたくないので、最低限で進めようと、そう考えたんですが、「最低限」なんてものを許さないのがこの私、しょっさんなのです。ほんと、生きずらい。

3.やるならちゃんと

飼育するならちゃんとやりましょう、それが面倒を見る側の責任だ。

そう考えているので、できうる限りのことはやります。
まともに、アクアリウムなんてやったことはないものの、小学生の頃は釣ってきたフナ、タナゴ、モロッコ、それにヤマトヌマエビあたりを飼育していた血が騒ぐわけです。いや、好きなんですよ、水生生物の飼育。毎年、サンシャイン水族館へ行くのは伊達じゃないです。魚好きなんです。好きなんですよ、魚が。見るのも食べるのも。

ということで、ちゃんとやらなきゃ…! と言う想いと、「ドジョウを飼う気は無いわ…」という相反する気持ちが戦い続け、一つの解を生み出します。

「水草水槽」

です。そうだ、前回、アクアリウムは諦めたけど、今度水槽を立ち上げるときは「水草水槽」ならインテリアとしてよしにしよう。
なんて、都合の良いことを考えていたのです。ダメな男ですね、こーゆー男には騙されないように気をつけてください。

最悪、ドジョウが死んでもその後に残されたものは活用したい→水草水槽
という方程式ができあがったのです。

しかしまぁ、ご存じの通り、植物を綺麗に植えるための水草と、生物を飼育するための水槽とは相容れないことが多いのです。特に、こんなでかいドジョウがいると。ね(‘A`)

4.かけられる金を掛ける

もう致し方ありません。あたしの布団のそばのバケツにはドジョウが巣くっているわけです。バケツで未来永劫飼うわけには生きません。1日で水もびっくりするくらい汚れます。感覚的に、長くもつとは思えません。オレが。

なので、嫁が急遽準備してくれた水槽(外掛けフィルター付、60cmフレームなしスリム)・ボトムサンド・水草(マツモ・アナカリス・カボンバ)をベースに、自分の趣味を少しでも入れつつ、最低限やらないとならないことはなにかと、次のことを、この 2週間やってきました。

(1) パイロットフィッシュをいれる
すでに頑強なドジョウが居ながら、パイロットフィッシュとかどうするつもりだよ、と考えられるかも知れません。

そのとおりです。

ただ、ドジョウだけ入れておくなんて、そんな連れないことはできません。私はドジョウが飼いたくて、水槽を立ち上げたのではありません。せめて、私が見ていて癒される小さな魚を入れさせてください。また、数があれば、それだけ早く水槽が立ち上がるんじゃないの?! という初心者にありがちな妄想も含めてです。
ということで、パイロットフィッシュと言えばの「アカヒレ」11匹投入です。1匹オマケされていました。

さすがですね。パイロットフィッシュ、又の名をスターターフィッシュとも呼ばれるアカヒレさんたち、これだけ小さいサイズながら、水質汚染にも水温にもてんで負ける気がしません。強すぎます。強すぎて、水質がいいのか悪いのか意味が分かりません。
彼らは良くできすぎたんです

(2) ライトを付ける
水槽にライトを付けるなんて贅沢だと、そう考えていたのですが、直射日光にあたるような場所ではないのと、明るい方が何となくいいだろうというのと、植物の育成には多少なりとも必要なんだろうと言うことで、Amazon よりも安売りしてた LEDのライトを買ってみました。

買ってみましたら、「照射時間、照射開始時刻、照射終了時刻は決めたほうがいい」とか難しいことを言うので、ひどく悩んだわけです。
毎日同じ時間には帰ってこないですし…というときに、たまたま、タイマーで電源の入り切りできるアダプターがあることを思いだして、それと組み合わせて 6:30-19:30 を照射時間とすることに成功したのです。オレ、かっこいい。

(3)お掃除屋さんの導入
水槽を立ち上げて、立ち上がってくると、どうも苔が発生するようです。むしろ、苔が生えてくるようになれば、水質が良くなってきた証拠とでも見られるような印象がありますが、その苔も「どれ」ってのがあるようで、水質汚染なのか、水が立ち上がってきたからなのかを判断するのは素人には難しいです。難しいですが、苔は生えてきたので、最終最強平気である「テデトール」でわっしわっしがんばれば良いんですが、せめて少し助けてくれる人たちが必要です。とくに、水草の苔なんて、人間がやり始めたら発狂する自信が、私にはあります。
と言うことで、1週間かけて、こいつらを導入しました。

  1. コリドラス
  2. ミナミヌマエビ
  3. オトシンクルス

実は、貝も一度入れたのですが、タイミング悪かったらしくドジョウの餌になってしまいました(‘A`)
苔とりのエビなら「ヤマト」だろとおっしゃるかも知れません。うちのドジョウはむやみやたらとでかいので、ミナミ程度だと食い散らかす可能性も高いですし、実際に数匹喰われています。
でも「繁殖」させたかった。稚エビが出たところで、全部ドジョウに喰われるんだろう、とかいろいろ考えましたが、何でもとにかく、個々で繁殖できるように、循環させたかったのです。あとちっこいのカワイイし。

それでも、この組み合わせなら「ヤマトヌマエビ」がいてもいいんじゃね? と思われるかも知れませんし、私もそう思いますが、三女と相談してその役目は「オトシンクルス」へ託してみました。あと、貝。貝の分もです。
見た目ってヤツですか…最悪、テデトールがあるから…。

(4)濾過器の追加
今回購入した水槽には「外掛けフィルタ」がついていましたが、とても心許ないです。いくら調べても「改造」しない限り意味がない的なひどい仕打ちです。

ということで、外掛けフィルタは「エアレーション用」として使い続けます。これに、濾過効率の良いモノを追加しようと考え、”エーハイムエコフィルター2231“を追加しました。
濾過の強さとしては、底面フィルターもありますが、すでに運用のはじまっているところへの追加を考えると、外部フィルタかスポンジ、または上部フィルタしか選択肢はなかったのです。

ただ、立ち上げ直後より、真っ白に濁った水槽を前に「まず、ともかく水質を安定させること」を優先度大で考えたとき、もっとも効率よく「生物濾過」できるかと考えて、わたしの行きついたゴールが外部フィルタだったわけです。

5.好きな魚を入れてみた

ここまでやってきてみて、どうも我が家の水質は安定しているようだと判断しました。水合わせが結構適当だったのに、ミナミヌマエビは一つも落ちていないようだし、ここ1週間は死体を見ていません。アカヒレとドジョウばっかり見ているから仕方ありませんが、奴らは死ぬと思えません。

まぁ、ともかく、そろそろ 1種類くらいは自分が入れてみたいもの、かつ、今のメンバーと混泳できそうなものを入れてみたくなるじゃないですか。
だって、自分から買おうと思って始めたわけでもない、でかくて見ててもうんざりするようなドジョウがいるだけなんですもの。オレが飼いたかったのは、これじゃない! オレにも心の安定を!!
みたいに感じで、もはや衝動的に綺麗で、ちっこくてカワイイ”カージナルテトラ“を 10匹も入れてしまいました(´∀`)わはー
いいんです。カワイイものも入れさせて!!

6.まとめ

結果、なにがどう、今、この水槽内に存在するかというと次のようになります。
これからしばらく watchしていって、数の変動を見るのが私の役目です。ぁぁ、全員生き延びてくれ、オレのために。

  1. マドジョウ x 2
  2. アカヒレ x 11
  3. コリドラス(スティルバイ) x 4
  4. ミナミヌマエビ x 15(くらいいるはず)
  5. オトシンクルス x 3
  6. カージナルテトラ x 10

“[アクアリウム] そろそろ水槽の水質が安定してきたかな [15日目]” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です