[Heroku] Ruby開発者のためのHeroku入門 [Ruby]

久しぶりにとっとと帰ってきたところで、今週の疲れでもう何もしたくないしょっさんです、こんばんわ

ねむい

なので、今日はただの宣伝だけです。先日開催された「Ruby開発者のためのHeroku入門」関係諸々公開されましたので、ご紹介です。

Ruby開発者のためのHeroku入門

Slideshare

こちら Slideshare ですが、Webセミナー時に使っているスライドとは別で、デモで使った画面をスライドに反映しているので、多少のライブ感あります。また、各画面も簡単に説明が入っています。

Youtube

そして、当日の Webセミナーの動画がこちらです。

全部をちゃんと見ていないのですが、個人的良かったポイント。オーディエンスがいて反応が見られるわけでもなく、音声がメインなので、普段よりも話し方には気をつけました。残念なことに、わたしは滑舌が悪いので、ゆっくりていねい、でも丁寧すぎて相手に緊張感を持たせないように、ゆるい、優しい物言いになるように心がけました。そのポイントは、おおむね実施できていたでしょう。まぁ、次の4ポイントはよくできたのではなかろうかと。

  1. ゆっくり話せてる
  2. 慎重に話してる
  3. 控えめな表現をしてる
  4. だらけすぎずに、ゆるくやれてる

反省点は次の5点かな…。なかなか、最初に良い言葉が出てこないで、言い直しが多い気がします。

  1. 普段は使わないよう決めている用語・単語1を使っている
  2. ヘッドセットのため、口の近くで起こる出来事を拾いやすく気になる
  3. 一度話した内容を、言い換えて言い直す2
  4. ムダな空白がある3
  5. 一度失敗したのは、致し方ないとして、復帰のショートカットがひどい

今後どうしていこうかと考えると、次の4点かな。

  1. 話し方やトーンは、もう少し普段のゆるさが出てきても良さそうだけど、速度や控えめなところは今回を踏襲していきたい
  2. 間は、もっと積極的に使っていきたい
  3. 間をうまく活用しながら、言い直さずに 1度で言い切る
  4. 手順をまちがえないよう、ライブ感よりもデモ感をつけていく

セミナー後に公開されたblog

Ruby開発者のためのHeroku入門〜オンデマンド版公開にて、Q&Aや補足を残しています。

まとめ

ここでの説明の内容については、今後Qiitaでまとめて公開していく予定です。


  1. 「〜だと思います」「させていただき」などなど 

  2. 重要なポイントだから 2度言っているのではなくて、なんとなく言い直したり、言い方が悪くてかぶせて言い直したりしているもので、ここはスマートに一度で言い切りたいです 

  3. 間を取っているのではなくて、ふつーに言葉が出てきてない。