[読書メーター] 2017年3月に読んだ本 [まとめ]

暖かかったり、涼しかったり、寒かったり。腰は痛いわ、痩せ続けるわのしょっさんです


読書の森

大変だけど、元気です。忙しくないと体調を崩すので、PTA会長になっておいたのは、正解だったと感じてます。ただ、眠いのと腰がいたいのはなんとかしたい。

3月は弊社のスタートダッシュだったり、飲み会が多かったり、後半からPTA会長業が増えたりで、ぜんぜん、本が読めなかったと感じてはいるものの、まぁ、0じゃなくてよかった。長い間読み続けていた本がようやく読み終わったのが、先月の良かったポイントだけれども、最初の方に何が書いてあったかはすっかり忘れてしまっているのが困りもの。

3月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1199ナイス数:56思考のトラップ 脳があなたをダマす48のやり方思考のトラップ 脳があなたをダマす48のやり方感想もう、何年かけて読んでいたのか忘れたけれども、ようやく読み終わった。内容は、400ページかけて「お前はそんなに賢くない。バカだ」ということが延々と書き連ねられている。これを読むことによって、多くの例を知ることによって、人は少なからず成長する機会が得られるかも知れない。内容は、なんちゃらバイアスとか錯覚など、人は得てして自分の都合の良い情報に踊らされると言うことを紹介しています。ネット民でよくどうでも良いネタをシェアしてしまう人には必見です。読了日:03月27日 著者:デイヴィッド・マクレイニー
たった1日で即戦力になるMacの教科書たった1日で即戦力になるMacの教科書感想Mac使い始めたのは遅咲きの、Leopardからとは言え、これを読んでわからないことがアレばMacやり直しだなと思いつつ、それでも何か新しいことが見つけられればと購入。結果から行くと、書いてあることはすべて知っていることだけでした。正確に言うと、⌘を押しながらメニューバー上のアイコンを移動したり削除できるって機能は初めて知りましたが、結局、削除できるアイコン一つもなかったので、なかったことにしました。ある程度Macを使い続けてきた人たちにとっては、当たり前のことの羅列ですが、これから使う人にはどうぞ。読了日:03月26日 著者:佐々木 正悟,海老名 久美
ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)感想完全に少女漫画の領域を凌駕したスポ根マンガは、クイーン&名人戦に向けて主要メンバーに絞った話の展開になってます。Kindleの場合同時配信じゃないのホントだるいけど、かさばりやすくて棚を埋め尽くす漫画はKindleで見るのがちょうどいいね。中高生の頃のように、読み返す時間もあまりないので、名探偵コナンは本棚に鎮座する仏像のよう。というように、あまり本編の内容を書くことのないくらいには、平穏に順当にそれに進んでます。その割に、ちはやの精神面では、太一によってターニングポイントの現れる不整合な巻です。良い。読了日:03月24日 著者:末次由紀
NHK英語テキスト まとめてお試し版 2016年  [雑誌] (NHKテキスト)NHK英語テキスト まとめてお試し版 2016年 [雑誌] (NHKテキスト)感想どの英語も続かなさすぎてアレなんだけど、一応、どんなラインナップなのか読んでみた。レベルごとに、抜粋があるので自分がどのあたりを学習用に利用すればよいのか、その判断基準になりやすくて良いです。講師でも選べるし。自分は大西先生好きなんだけれども、レベルが違うところなのでちょっと残念。読了日:03月09日 著者:
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想まだサイドストーリーやアニメ・映画化など残っているものの、本編としてはこれで完結か。母ふくめて、これまでの謎の解明と二人の関係全てにおいて、もろもろの伏線を回収して完了。ここまでHappyにする必要もあるやなしやと思うけれども、「失踪の原因がそれか」ってところは甚だ疑問が残るあが、まぁ綺麗にまとめたでしょう。
内容としてはまた古い洋書というかシェイクスピア。書くのも調べるのも大変だったことが、参考資料とあとがきで分かるけれども、校閲泣かしであることは変わりなく、時間がかかったことも頷ける。練られてて良い。読了日:03月05日 著者:三上 延
WEB+DB PRESS Vol.97WEB+DB PRESS Vol.97感想React 始める直前だったので、ちょうど良いかとおもい発掘。遠藤(雅)先生が相変わらずで頼もしいのは個人的に嬉しい点。ReactでSPAやろうってときに考慮すべき現状の課題がわかったのは良かった。まとまった記事は書籍ならでは。ただ、MySQLやマネジメント論あたりを見ていると、経験則がベースで体系の網羅性や裏付けに不安を感じる。マネジメント論は、マネージャとマネジメントとリーダーの明確な区別がなっていないと、かんちがいを引き起こすので正確に。その他小粒なTipsは潔くてお役立ちでよい。読了日:03月05日 著者:外村 和仁,小林 徹,古川 陽介,佐藤 歩,yoku0825,是澤 太志,一野瀬 翔吾,加藤 颯史,のざき ひろふみ,うらがみ,水嶋 淳貴,久田 真寛,久保 達彦,伊藤 直也,遠藤 雅伸,ひげぽん,海野 弘成,はまちや2,竹原,倉岡 洋義
読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です