フリーズする脳

Pocket

フリーズする脳—思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)以前に読んだ脳が冴える15の習慣と同じ著者の本で、これも脳関係です。この本は、「脳はぼけるようにできている」という大前提の元に、どのようにしたらぼけずに脳とつきあっていくことができるか、を説いている本です。

最近ものわすれが激しい人には、ちょっとお薦めする本です。結局のところ、規則正しいフツーの生活をすることがよいこと、という結論ではありますが、自分が今どういう状況か、なにができていないのか、どうすることによって改善できるのか、を理解するにちょうどよいと感じます。


各文節で気になったキーワード。

ボケの原則
自分の脳を使っていない、もしくは使い方のバランスが悪いことが原因。

自分でしてない「何か」を他人(機械類も含む)に任せて補っている場合が多い。

メモしたことを忘れる
メモしたことで安心して、見返し(反復)しないことで、書いたこと自体忘れてしまう。
ボケ症状の人は目が動かない
周囲の変化に鈍感になり、情報の取り方が狭窄的になると、脳活動の停滞へつながる
過重労働による時差ボケと同じ感覚
寝る時間が何時であっても、起きる時間を同じにする。
脳のバランスを整える
一時間歩く

音読をする

自分の脳を使う
他人に頼りすぎず、目標・目的を持って人生を変えていく
脳の使い方に問題がある
長い話を理解するときには、その内容の情景を思い浮かべる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください