[レンタル] メールサーバーを比較してみたよ 2017 [VPS]

体調悪いわけでもないのに、10時間近く寝てしまって、逆に頭がクラクラしてるしょっさんです


どこ見ているか知っている

6〜7時間位がちょうどよい気はしているんですが、今週は 4〜5時間が続いてしまったからでしょうか、お酒をほぼ飲んでいない(乾杯シャンパンを一杯だけ)とはいえ、飲み会2daysはそこそこの威力があったかもしれません。

メールサーバ機能を利用できるレンタルサーバを比較してみたよ

テスト用のサーバはいいんですが、日常的に運用しているメール、DNSやWebサーバはできる限り安価に外出していって、家の中ではテスト用のサーバとファイルサーバだけを運用したいと考えています。「サーバ一つ借りて postfixとか入れたらええやん」というのは若造です。ミドルウェアの管理はもうね、したくないんです。事業者に丸投げできるやつは、丸投げしたいんです。

ということで、一番面倒で厄介なメールサーバの外出しを、まず考えてみました。候補は次の4つ。

比較機能 ConoHa さくら XSERVER KAGOYAメールプラン(共用)
マルチ独自ドメイン 無制限 20 無制限 1(¥540追加可)
メールアカウント数 無制限 無制限 無制限 無制限
ディスク容量 10GB 10GB 200GB 20GB
ドメイン管理 外部可 外部不可 外部不可 外部可
迷惑メールフィルタ
アンチウィルス
Webメール 50アカウント
メーリングリスト 10 オプション(¥540)
バックアップ オプション(¥324)・自動 標準・自動 標準・自動 標準(最大10GB)・手動
月額(税込) ¥540 ¥86 ¥972(初期¥3,240) ¥540
月額(バックアップ込) ¥864 ¥86 ¥972 ¥540+α
特記事項 REST APIですべて管理可能 ドメイン毎のアカウント運用不可 Webサーバと共用

ConoHa メールサーバー

今、@prfm.jp ドメインを、ConoHaでトライアルしているところですが、そんなに困っていること自体はないです。が、@oshiire.to ドメインではメーリングリストを一部使っていたり、複数のユーザにアカウントを貸し出したりしているため、各個人でメアドのパスワードを管理させたいところです。UIの使い勝手が良くて、APIが準備されているところがポイントでしょうか。

さくらのメールボックス

さくらは、残念ながら複数ドメインでのメールアカウントに個人的に難ありと見てます。必要な機能は抑えてあって、悪くはないんですけどね。ドメイン管理も制限があるように見えて、使い勝手において制限が出てきそうで躊躇しています。

XSERVER (X10プラン)

XSERVERは、この中で一番高いだけあって、必要な機能はすべて網羅されてます。原則外部不可ですけど、外部からでもCNAME駆使すれば多分行けそうな気はします。とは言え、A,CNAME,MX,TXT は設定できるので、それで十分ですけどね。Route53の費用削減にはなるので、ドメイン管理は中に持っていけるものは持っていこうと考えて、ConoHaでも @prfm.jp の管理はしていたりします。

KAGOYA メールプラン

KAGOYAも機能は十分ついているのですが、なにせ、追加するたびにオプション費用の要求額が高く。それらをすべて組み込んだ専有サービスだと、月額が万に近くなるので、個人では一般的ではないです。最低でも2ドメインを管理することを考えると、ちょっとあれかもしれません。

まとめ

多少自分なりにAPI叩いて管理したければ、ConoHa、ちょっと高くても丸投げしたければ XSERVER という結論に至っています。

今はConoHaで仮運用していますが、今度はXSERVERで試してみて、最終的な結論出したいなーと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です