[インフラ] 深夜の独り言 [セットアップ]

生き方を少しまちがえて、大事な約束だらけの日の前夜に寝られなくなっている、しょっさんです


ゆかちゃんにしておけば安心

病的なものではなくて、とあることを始めたら、止められなくなりました。ヤバイ。でも、きっと平気。

ひさしぶりに Linuxいじってる

久しぶりに Linuxいじってるんですが、色々諸々のセットアップは面倒ですね。

昔とった杵柄で、Debianをセットアップしているんですが、やりたいことは Rails 動かしたいだけだったりします。たまたま持っていたのが、Minimal Image で、それをベースに LXCに展開して動かしてるんですけど、apt-get install あたりの面倒なこと。残念だったのが、色々と apt で入れたはいいけれども、rbenvruby-build は、Debian のを入れても上限があるので最新の Rubyを使うことができず、結局 git から rbenvruby-build を落としてくるわけです。しかも、残念なことにそっちのがインストールが早かったりする。

昔からそうなんですけど、インフラの構成を作る時ってのは、最短コースというのは実際にやってみないといけないことが多い。パッケージやミドルウェアをダウンロードしてインストールするケースだと、いかに近い(速い)ところからダウンロードできるかどうか、速いI/Oを持った HDD/SSDなどを使えるか。これが何に影響するかというと「時間」です。ネットワークは宛先によって、かつその時々によって速度が異なるので、そもそも最適な経路もない場合があったりします。

何が言いたいのかって、構成するものも設定するものも多いのに、ムダに拘束される時間が実際にファイルがコピーされたり、入手することに時間がかかっている気がして、なんかなんなんだろうと、ふと思った深夜です。それだけです。

やりたかったことは、セットアップが済んだら、まぁすぐに終わったので、満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です