[FreeNAS] kmem_malloc で Panic 起こしてハングする問題への対策 [8.3.0-RELEASE-p1]

Pocket

FreeNAS
ごきげんよう。我が家では FreeNAS で “AFP” を使って、NAS化した共有ドライブを TimeMachine の宛先として利用しています。くっそ重いですけど、便利です。データが一元化できるのは便利なんですよね。うちには、iMacも Macbook Airもあるので、バックアップ先が一つに集約されていると、他のマシンのバックアップからデータを吸い上げるのもとても便利なのです。NASサイコー

というわけで、先日、FreeNAS の Verison が上がっていたので、8.3.0 にしたところ、知らぬ間に Panic 起こしてハングしていたのに気がついて、2つのことに憤っていました。 1)「ぁぁ、何故オレは監視対象にしていなかったのだ」 2)「BSDなんてしらねぇよ、俺どうしたらいいの…」 てことです。ともかく、なんとかせねばなりませんでした。

ということでなんとかしてみました。

チューニングせよ

先に結論を述べてしまうと、「チューニングしろ」ということです。
ZFS を利用している場合、幸か不幸かチューニングしないと、メモリの使い方がお粗末なようです I)勝手な妄想の戯れ言なので気にしないように

あ、むずかしいと思わないでください。チューニングも簡単です。Autotune すれば良いだけです。やり方はリンク先にありますが、一応書いておきますね。

サイドメニューから「システム」を選択して、「設定」タブから「高度な設定」のボタンを押します。
すると、その先のリストの中に「Enable Autotune」 II)日本語の場合は、なんてなるのか教えて欲しい なるものがあるはずなので、そのチェックボックスにチェックを入れて、再起動するだけです。
再起動すると、サイドバーのシステム配下、”Sysctl” と “Tunable” III)日本語の場合は分かんないww に自動的にチューニングされた値が入っているはずです。これで、panic 問題とはおさらばです。

多分。
[tmkm-amazon]6200822891[/tmkm-amazon]

References   [ + ]

I. 勝手な妄想の戯れ言なので気にしないように
II. 日本語の場合は、なんてなるのか教えて欲しい
III. 日本語の場合は分かんないww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください