冷え症のあたしが、3ヶ月で3kg順調に痩せられた3つの方法

Pocket

やつれたわけでも何でもなく、自分で大したことをしたつもりでもないのに、平均して 1ヶ月で1kgずつ、そして体脂肪も1%ずつ、ゆったりと痩せていったダイエット方法をご紹介します。
あなたの体重は?私の場合、ただただ痩せるためだけのダイエットではなく、「健康になりたい」から「健康な状態を維持できる身体づくり」のためのダイエットを実施しています。
その、主な3つの方法についてご紹介しましょう。 I)他に、バイクやフットサル、水泳などの運動もたまにやっていますが、定期的な日常的な健康を維持する目的とは別ですし、この3ヶ月において、効果の出るほどやっていないため、除外します。

  1. 食べたものを記録する
  2. 帰り道、30分歩く
  3. 身体を暖める

タイトルに「冷え症」と入れましたが、冷え症の人は痩せにくいようです。体温が低いことで、基礎代謝も下がっている傾向にあるからのようです。

では、各々について、具体的に説明します。
1.は万人ができる方法ではありませんが、参考程度にどうぞ。

1.食べたものを記録する

某岡田氏が、ある著書で紹介された”レコーディング・ダイエット“そのものなんですが、ただ記録するだけではありません。難しいややこしい言い方をすれば、「カロリーコントロールをすること」です。

人はなぜ、カロリーコントロールをしないといけないのでしょうか。それは、年を取れば基礎代謝も下がり、一日に必要なカロリーは少なくなっていくと言うことを理解しなければなりません。ある年齢の人が一日に必要なカロリーをしり、自分が普段から食べ過ぎであったり、少なかったりしないか、目安と目標を作らなければなりません。
また、目安はカロリーだけではなく、栄養価も考慮することが望ましいです。ビタミンがー、タンパク質がー、脂質がーってヤツです。

めんどくさいですよね。

めんどくさいことが嫌いな私がとった方法は、次の3つです。

  1. 専用アプリに頼る
  2. 夜はおかずだけにする
  3. 外食しない

1-1.専用アプリに頼る

先に言っためんどくさいことを全てツール化して、勝手に目標を決めてもらいましょう。これですババン
カロリー管理(痩せるアプリ) App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: ¥450

設定項目で「生年月日」「身長と基礎体重」「ライフスタイル」「目標体重」などを入力すると、1日の目安のカロリーが出てきます。ほら、もう目標ができましたヽ(´ー`)ノ
あとは、毎食後、必ず「何を食べたか」をてきとーに (このてきとーが継続の力です) 入れておきます。大体でいいです。たまに珍しいものを食べたときは、代替品で入れておきます。メジャーなお店の商品も入っていたりするので、行く店も固定化される副産物つきです。いろいろと悩んでいたことがスッキリします。
また、運動や活動をしたあとにも、こちらの「運動」から実行時間などの情報を入力しておきます。それには「徒歩」「入浴」など、日常的な活動もありますので、それらもいれておきます。これが大事です。その値が入っていないと、「こんな目標のカロリー少なすぎて飢え死にする」なんて感じになって投げ出すと思います。

あと、やっかいなのが「お酒」だと思います。覚えてないでしょうし。
私は「お酒」についてはエンプティカロリーであることを信じて、一切入力していません。信じるものは救われます。私は救われています。

1-2.夜はおかずだけにする

炭水化物とりません。日本人はご飯食べすぎです。白米を食べ続けることによって、糖尿病リスクが上がるくらいとっているので、一食くらいご飯(炭水化物)がなくなってちょうど良いくらいだと思います。
完全になくすことはオススメしません。低炭水化物ダイエットなどありますが、朝昼はフツーにとるか、少しだけ残してみる程度で良いでしょう。
夜にたくさん食べると、睡眠にも影響しますので、少なめ控えめを心がけてます。

ツライと思うかも知れませんが、大丈夫です、慣れます。
あと、たまにパーティーやイベントで、ピザをがっつり食べたりとか、そーゆー事があると思いますが、そーゆーときは、楽しんで好きなだけ食べたほうがいいです。無駄なストレスは継続の妨げになりますから。1日や 2日程度、ちょっと重いものを食べたところで、長い目で見れば大したことありません。気にしない。ムリしない。これ大事。

1-3.外食しない

結局のところ、食事の制約や、栄養価を考えたときに、自分で準備することが1番だと考えています。時間のない方は、外食なんだけどヘルシーな料理を出す店を探し出してください。とは言え、成分が良く分からない者も多いし、量の調整もできないし、ついつい「大盛りで」とか言ってしまったり、ついついセットにしたりするので、避けましょう。自炊しましょう。料理のできる人は男女問わず、もてます。かっこいいです。そうだ、料理しよう。

さて、積極的にメニューに取り込んでもらいたいものは「温野菜」です。今の時期なら、鍋物がいいでしょう。とにかく野菜は煮こむか焼くか、煮るなりなんかしてください。「栄養価が下がる野菜もある」とかそんなこと考えなくていいです。たくさん、野菜を食べられる方法を考えてください。肉野菜炒めなら、お肉も一緒に食べられるし、ちょっと炒めたらできるからいいんじゃないでしょうか。「油が」とか気にしない。カレーとかピザ、ラーメンレベルでなければ、そんなに気にするようなカロリーも油分も入ってないです。入ってないと信じましょう。あんまり気にしすぎると続きません。なんでもいいです、とにかく野菜をたくさんとるよう、心がけましょう。

「だって野菜きらいだもん。お肉食べたい」と人は言います。いいです。お肉も食べてください。その代わり、野菜を追加してください。なんでもいいです。少しずつ野菜の領域を増やしていきましょう。
すると分かってきます。「俺、実はそんなにお肉食べたくなかったんだ」に到達します。10代/20代の君たちはどうぞ欲望のままに肉喰っててください。ただ、理解してください。年を取ってくると、そんなに肉はいらないんだ。魚や野菜最高。和食最高ヽ(´ー`)ノになります。きっと、たいていの人がそうです。みんな日本人だもの。

「外食しない」には、お昼ご飯を「弁当にする」という、面倒でやっかいでやりたくもないことも含んでいます。この手段は、家計にも優しいし、なにより食事量を制限することもできます。弁当作るのがめんどくさいなら、作ってくれる嫁か旦那と結婚しましょう。いいですよ、結婚も。
結婚は手段として目的からは外れますが、自炊を進めていくと、お弁当に行きつくと考えています。カロリーコントロールを続けていると、分かってくることですが、外食では、好みのご飯が提供されているお店にめぐりあわないんです。大戸屋がギリで、こぢんまりとした街の定食屋サイコーな流れになりますが、なかなかそういった、いつでもいけるところにお店がないんですよね。
だから、必然的におうちでごはんに繋がっていった、というコトが正しいかも知れませんね。

めんどくさいときの夕食

そうは言っても、いつも作ってられない、と言ったときのお手軽な夕食はババン「冷や奴」をオススメします。1丁をバカにしないでください。お腹いっぱいになると思います。女子だと厳しいと思います。冷や奴に、納豆をのせてみたり、マグロの剥き身をのせてみたり、ネギをのせてみたり、生姜をのせてみたり。思ったより、レパートリーも広く、それでいて身体にも良いですし、かんたんですし、オススメです。ちょっとコンビによって帰ったらいいんです。

帰り道30分歩く

いわゆる「一駅前で降りて歩いて帰る」だけです。それだけです。
ただ、一駅と言っても、いろいろな距離があるから、目安として 30分歩けるくらいの距離、を想定していただくと良いだろうという程度です。私の場合、場所によっては一駅前で降りたところで、10分ちょっとしか歩かないので、あまり意味が無く、二駅前から降りて歩いたりしています。

「時間がもったいないなー」と感じるかも知れませんが、普段と比較しても最大で15分程度遅い帰宅にしかならないので、そこまで気にならないのではないでしょうか?
その 15分が惜しいなら、朝 15分早く起きたら良いです。

女性で、帰り道は危険で心配と言う方は、朝に一駅分歩くなりすればいいと思いますし、ランチタイムに散歩しても良いでしょう。ともかく、30分程度、いつもより少し速く歩くと良いのではないでしょうか。

身体を暖める

私は極度の冷え症です。つい最近まで知らなかったのですが、とにかく冷え症です。
これを改善することが、健康体に繋がると信じて実施しています。

この内容については、以前”oshiire*BLOG» Blog Archive » [冷え症] 寒い冬を暖房器具を使わずに過ごしてみる [ステマ]“でステマオンパレードで記述していますので、こちらをご覧ください。
手抜きじゃないです。再利用です。利便性の追求です。時間短縮です。手抜きではありません。

まとめ

とにかく継続することです。昨日”oshiire*BLOG» Blog Archive » [継続] 毎日blogと日記を続ける、もう一つの理由 [練習]“でも書きましたが、継続していくと新しい発見があります。また、継続し続けると生活の一部になり、それが当たり前になります。

カロリーコントロールだ、運動だ、なんだかんだ言われていますが、とにかく自分が続けられる方法を見つけて、それを信じて進んでみてください。
もし、結果に表れなかったとしたら、その原因を考えて、また新しい仮説を立てて、実施して、検証をしてと繰り返していく、そのPDCAが重要です。どうぞ、続けてください。

あと、実際にいくつの数値がどうなったかも載せておきますね。このグラフをご覧いただけると分かりますが、カロリーの山は凸凹ですが、体重と体脂肪率はなめらかに下がっています。
上段が摂取カロリーで、緑は摂取分、赤は摂取分からさっ引かれた運動などによる消費カロリーです。青い横棒が基礎代謝分、紫の横棒が目標摂取カロリーです。
下段は体重と体脂肪率です。体脂肪率のプロットが少ないのは、普段から靴下をはいていて、計測が面倒だからですw いいんです、メンドーなことはしない、これが継続の鉄則です。

結果として、次のように減少しました。気持ちいいくらい、同じ数値感覚ですねw ということで、皆様の自分のベスト体重と健康体に向けて、継続してみてください。
体重 : 67.8kg → 64.7kg (-3.1kg)
体脂肪率 : 20.5% → 17.4% (-3.1%)

3ヶ月分の日々の摂取カロリーと体重・体脂肪率のグラフ
3ヶ月分の日々の摂取カロリーと体重・体脂肪率のグラフ

補足

昔、”oshiire*BLOG» Blog Archive » [ダイエット] 健康カイゼンに向けて調べたこと [運動]“こんな大見得を切りましたが、ムリでした。もっと、生活に溶け込む、日々続けられることでないと、ダイエットはなし得ないんだと理解しました。勿論、健康の改善に向けて、運動も少しずつ取り組んでいく所存です。
[tmkm-amazon]4391630265[/tmkm-amazon]

References   [ + ]

I. 他に、バイクやフットサル、水泳などの運動もたまにやっていますが、定期的な日常的な健康を維持する目的とは別ですし、この3ヶ月において、効果の出るほどやっていないため、除外します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください