[Yosemite] インフラエンジニアに限って、OS X 10.10 on iMac mid 2011 で重くなる現象を解決する 3つの方法

えらいご機嫌に書いてみた。
こんな時間に帰ってきたのに(23:23)。

OS X 10.10 on iMac mid 2011 が重くなる原因

他の機器では分かりませんが、iMac mid 2011 の GPUである、RADEON 6770Mとの相性が悪いのか、画面の書き換えがわかる程度だったり、リアルタイムに書き換えが追いつかなくて、画面切替のアニメーションを一切合切すっ飛ばしたり、ともかく、なにかもたつくような現象が発生しました。これらの原因は、明確に分かりませんが、どうもある処理に関わっているらしく、それにより画面書き換えがわかる程度に重くなっている状況は、「すわ、自分が神になったのか」と思わんばかりです。思わないです。

さて原因はなにかと言うと。

blur

です。YosemiteはiOS7以降でチョイスされた平べったいデザインに等しく、ぺったんこな感じになりました。それだけだと寂しいと感じたエンジニアたちは、要所要所にすけすけを入れ込んできて、さらにblurをかけて、エロ度満点なOSを作り上げたのです。この変態どもめ。さて、そんないやらしいほどにエロイ機能ですが、どうも、このGPUとの相性が悪いらしく、画面書き換えに遅延を引き起こす原因となっているようです。やらしいをとるか、速度をとるか。

速度

そうです、生粋のインフラエンジニアは、キーボードからの入力はμ秒単位でも遅延を許さず、画面の切替は障害回復速度の一つの指標でもあります。そのため、わたしたちインフラエンジニアはblur機能を停止して、速度に酔いしれるあの時代に戻ることを心に誓うのです。

さて、困ったことに、このblur。関係ないとこでも気にせず使っている場合があり、次の3ケースにおいて「画面描画の速度低下」を引き起こしていることを発見しました。
我が家では、この 3点をクリアすることで、Yosemiteが処女の生き血をすするSnow Leopart時代に戻った感じがあります。意味が分からない。

  1. GUIシェルのblur処理を停止する
  2. Terminalのblur処理を停止する
  3. screenが予想外にヤバイ

[tmkm-amazon]B00NXDSM8I[/tmkm-amazon]

GUIシェルのblur処理を停止する

答えはここにある=> OS X Yosemiteの透過処理をOFFにすると動作が少し軽くなる! | IT Strike
ということで多くは語りませんが、GUIシェルで使われている「透過機能」を停止することで快速になります。というか、鈍行が準急程度に上がります。

Terminalのblur処理を停止する

これは、昨日書きましたね。
これです => [Mac] インフラエンジニアが YOSEMITE にして、まず困ったこと : Terminal を起動したらしぬほど重い [X] – oshiire*BLOG

多くは語りません。これが一番ヤバイヤツです。瀕死から元気な小学生が天気の良い日曜日の朝を迎えたときのようです。

screenが予想外にヤバイ

最後。blur関係ないです( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ ) なんでやねん!
自分がハマっただけです。というか、ちゃんと updateしておけよにちかいのですが、実はそういうことでもなかったのです。

我が家では、”screen” コマンドを brew によりインストールして、縦分割できるようにしています。バージョンは 4.2.0。さて、ここで気がついた方も最後までぜひ読んでいってください。何も得られません。先に答えを書くと 「4.2.1にupdateする」です。ただ、ここで素直に “brew update screen” とかやっても何も産まれません。”already updated!!!だばかやろう!!” と罵られるのがオチです。さて、どうするか。こうします。

  1. GNU screen 最新版について – rcmdnk’s blog
  2. iTerm2 – Mac OS Terminal Replacement

screen 4.2.1 への更新

めんどくさいですけれども、実はheadつけないとダメです。そこに書いてある通りですが、もし 4.2.0 が入っている人は次のとおりにがんばって打ち込んでください。

brew uninstall screen
brew instll --HEAD screen

一度アンインストールして、その後、”–HEAD” つけて masterブランチのを取得してコンパイル→インストールです。やっかいですね。面倒です。でも、できました。安心してください。これで、なぜか screen コマンドだけがもたつくという残念な障害から回復です。

iTerm2 を使う

昨日、昔うちにいた社員の方から教えていただいたモノです。
コレ使えば、「Terminalで重くなる」「screenコマンド使わなくてすむ」で、ぶっちゃけ、ほとんど問題が起きていなかったような気がします。切ないので、寝ます。

“[Yosemite] インフラエンジニアに限って、OS X 10.10 on iMac mid 2011 で重くなる現象を解決する 3つの方法” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です