[VPS] メールサーバを XSERVER にしたよ [SaaS]

疲労困憊ってこういうことなのかな、を実感しているしょっさんです。

悲壮 + メール

今年は精神的にも肉体的にもストレスのかかる事案が多いので、みなさまもお体には気をつけてくださいますよう。

メールサーバの移行先を決定しました!

先日、メールサーバーを比較してみたよ 2017 のとおり、月額 ¥1k未満で利用できるメールサーバを調べて、実際にいくつか試用してみた結果、XSERVER1に決定したことをご報告します。ワーワー

決定した理由をご説明するにあたり、今一度、我が家でのメールサーバに求める要件をご紹介します。

oshiire さんがメールサーバに求める主な要件

細かいところでは色々ありますが、試用しながら最終的に落とし込んだ「絶対必要条件」をピックアップしました。

  1. ユーザが各自でメールのパスワードを変更できること
  2. マルチドメインであり、ドメイン毎にメールフォルダが異なる(ユーザが異なる)こと
  3. バックアップが取得できること
  4. imap/smtp が利用できること

です。各要件と、サーバの機能比較をしてみます。

要件 ConoHa さくら XSERVER KAGOYAメールプラン(共用)
1. △(開発必須) △(ユーザ数制限)
2. △(ドメイン数制限)
3. △(オプション) △(手動/制限あり)
4.

この時点で、ほぼほぼ “XSERVER” 一人勝ちでした。さくらは値段のやすさは相当の魅力がありますが、ドメイン毎にメールボックスはやはり、別々に運用せざるを得ない状況でした。KAGOYAはオプションを追加購入すればよいのですが、例えば 1ドメイン ¥540/月 の追加となり、ドメインが増えれば増えるほど泣けてくることがマイナス要因です。 ConoHa は、APIが公開されていて自由度が高いところはポイントですが、開発はしたくなかった…おしい…

XSERVER のメールサーバの良かったところ

その他、あ、これできて良かったというところです。次の二つですね。

  1. メーリングリスト
  2. ssh 接続
  3. webサーバ

これまでも、ほんの 3つくらいですが、メーリングリストを使っていて、別になくなってもよいのですが、アルニコしたことはありません。ちょっと嬉しい。

sshでつなげるのはヒジョーに良いポイントです。なぜなら、scp/rsync 使って、過去のメールボックス内のメールを移行できちゃうんです。@prfm.jpドメインのメールは既に移行済みですが、とても助かってます。imapで管理しているので、過去メールもそのまま入っていてくれると、過去メールもバックアップ対象になってくれるので、安心材料が増えます。

XSERVERは共有のサーバなので、WebやMySQL機能も持っているので、Wordpressのサーバとかもそのまま作れます。ふと、今のサーバを移行したり、ドメインの標準ページを適当に置いとくにはちょうどいいかと。 kashiyuka.infoドメインをタダでくれたので、適当に設定していますが、ひとまず webページおいて置けるのは、一旦ありがたいです。

まとめ

まだ @prfm.jp ドメインしか移行できていないのですが、3月に @oshiire.to ドメインを 1ヶ月間、現行と併存移行します。ここで問題がなければ、そのまま完全に XSERVERへ移行して、幾つかのWebサーバもそっちへ持っていく予定です。これで、家のふるーいサーバなくせそうです。ああ、良かった。


  1. X10プラン